MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

京田に関しては守備も崩れていたから外されて妥当だったが、京田を外したことで想定が崩れて、立浪は崩れた想定に引きずられるのを嫌がるように思い切りコンセプトを変えてしまい、結果ブレブレになって全体が崩れてしまった。

京田、高橋はシーズン内で波がある選手だけど
誰に政権が変わっても復調を待ちたい、復活させたいと思わせてるってことは、
中に入ってみないとわからない練習での姿勢やポテンシャルがあるんだろう。それを見ると期待したくなるような何かが。

京田に関しては守備も崩れていたから外されて妥当だったが、京田を外したことで想定が崩れて、立浪は崩れた想定に引きずられるのを嫌がるように思い切りコンセプトを変えてしまい、結果ブレブレになって全体が崩れてしまった。
腹括って自分のプランを信じていたから選手は憂いなくやれてたけど、そこからは首脳陣の苦悩がチームに伝染してると思う。
もちろん主力の離脱もあったけど。

こうなるくらいなら、上がらない京田抱えてブレない戦いしてた方がマシだったんじゃない?

普通にショート根尾でいいのにね。少なくとも周平より守備が悪いことはないはずなんだが。
まさかとは思うが、立浪は根尾をピッチャーとして考えているのか?もしそうならトレードに出せ。根尾が可哀想だ。
ファンサービスとしてたまに敗戦処理で投げさせるくらいならまだいいが、ここで完全な投手コンバートはあり得ない。
根尾はショートでレギュラーを取るべき。京田がいない今、千載一遇のチャンスがやってきていると言うのに。
とにかく根尾、昂弥、ヒロトの3人はなんとしても戦力にしてくれ。この3人がこれからのドラゴンズを引っ張っていかなきゃいけないんだから。
ヒロトは一本釣りだったからまだしも、根尾と昂弥は与田さんがプレッシャーの中強運で引き当てた3球団競合の選手。モノにしないと与田さんも報われない。

周平が数年前のように3割打っているというなら、石川昂弥も出したいし、守備に目をつぶって周平に遊撃に移ってもらうというのも理解できる。
しかし現状そのころの打撃は全くできておらず、コンバートするメリットを見出せない。このレベルの打撃なら三ツ俣でもいいし、守備を我慢するというなら根尾を育てたっていい。

勝つことに必死なのは否定しないが、それで方針が迷走してしまっては仕方がない。
監督は長期的な視点を持ってドッシリ構えてもらいたい。

監督の準備不足だね。
就任の段階で、チーム分析/評価、補強方針、人事戦略、基本方針、戦術検討と落とし込み、ルール設定等、チームマネジメントに必要なことをやらずに、ただ規律と訓練のみでチームを強くしようとした。あるいは強くなると思ってた。
初めての監督業だし仕方ない部分もあるとは思うけど、人心が離れて行っちゃうと巻き返しのチャンスがなくなってしまうよね。

選手、コーチともに味方なんだから、もっと謙虚になって周りの意見を聞いて、改善していったほうがいいと思うけどな。
特に一年目なんだから。

根尾を遊撃手で使わないなら二軍で練習させなってば、それか毎試合最低でも代打で使うか
飼い殺し状態はみていて気分が悪い。周平の事は嫌いではないし、京田だって足に魅せられてワクワクした選手
でも力を発揮出来なければ、他の選手と争いになるのは仕方ないだろう。落合時代レギュラーが故障離脱した時に、台頭した選手いたか?いないからこそのレンギュラー固定化だったんだろう
そしてレギュラー復帰すると即活躍。結局力を示せない選手が悪いのよ

京田や周平に限らず、大島だっていつかは衰える。その時いつまでも接待起用するのではなく、競合して争わせてレギュラー取りさせることが大事なんじゃないの?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる