MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

結局は「戦う顔じゃない」これが全てだと思う。京田陽太

結局は「戦う顔じゃない」これが全てだと思う。
打てなくても必死にどうにかしようとしていたなら立浪監督も我慢できたと思う。
なにしろ「シーズン通してショートを守れるのは京田だけ」というほど期待していたのだから。
内なる闘志は大切だけど、闘志は見せなきゃ分かってもらえない。
もう立浪監督の構想から外れてしまっただろう。
信頼を裏切ればそうなるのは当たり前。
極論から言えばトレードに出してもらう方がいい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる