MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

ドラフト直後、中日に指名されたとき本人がTwitterで「中日か・・・」などと訝しげにつぶやいたのを覚えている人もいると思う。

ドラフト直後、中日に指名されたとき本人がTwitterで「中日か・・・」などと訝しげにつぶやいたのを覚えている人もいると思う。
意中の球団じゃなかったのが垣間見えてその当時ファンとしてあまりいい気持にはならなかったです。
入団してからの様子を見てても、守備では確かに光るものがありましたが如何せん打撃が寂しい。1番でも2番でもキッチリとした仕事が出来ない。
最近の顔つきを見ていると、やりゃあいんだろ、みたいな姿に見えて仕方ない。
立浪監督は、自分の現役時代のポジションが同じなのでなおさら厳しい目で見てしまう部分もあるとは思いますが。
ここで腐るようならトレードにでも出したほうがお互いのためになると思います。

正直なところ、既に守備の人という事です。根尾は、守備範囲はともかく、送球の不安がない。打撃が良くなれば、シーズン中であっても、ホームゲームであれば、特守があってもいいと思う。

三ツ俣と比較して確かに守備では京田のほうが上だと思う。
だが、その他の打撃、小技、立浪氏がよく言うプレーに対する懸命さ等は三ツ俣より劣っている。
総合的に考えて三ツ俣のほうがどう考えても現状上。今の段階では三ツ俣を使うのは当たり前。
これから京田がどう向き合っていくかが飛躍していくかもしくはこのまま終了かのカギになりそうな気はする。

感情を表に出すか出さないか…。

論点は違うと思いますよ。

京田さんの場合、ただ打てないだけです。

そこに守備の乱れが出て、「自覚があるのか!?」と二軍に落とされただけでしょう。

シンプルにいえば、中日の場合、打てなくて負けてきたチームですから。

これで、京田さんが3割でも打っていれば、ひとつふたつのエラーでは、二軍にまで落とさなかったはずです。

立浪監督も、近代野球が精神論で勝てるほど甘くないことぐらい、理解しているでしょう。

まずはメンタルケアが必要だと思う!
プロ入りしてほぼレギュラーを約束されていた立場からの挫折は身体の不調よりも深刻だと思う!
燃えていた闘争心も冷めているかもしれない
コーチと一緒に慌てずに徐々に調子を上げていってほしい!
また1軍で京田のスーパープレーが見たい!
待ってるぞ!

2割そこそこの打率では、いくら守備が良くても、レギュラーとしては厳しい。
溝脇選手も、三ツ俣選手も2割5分、2割8分の打率を残している。
この二人の選手だって、守備は良い。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる