MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

京田陽太 戦う顔をしてないっていうのは、やる気がないってことなのか、それとも自信を失ってるってことなのか。

戦う顔をしてないっていうのは、やる気がないってことなのか、それとも自信を失ってるってことなのか。
どちらかわかりませんが、京田選手のことは応援しているので、このままで終わってほしくないと思ってます。

私は人気のない職業をしているので、若い子が会社に入ってきたら、どうやってやる気を出させようかとか、今の時代に沿った育成方法をとってやっている。

しかし、プロ野球の世界はなりたくてもなれない人が多く、この世界に入った人全員がやる気に溢れて入ってきてるだろうって世界。
やる気や自信を失ったなら、その隙を狙おうって人たちがたくさんいる世界。

私たちみたいな、一般の職業とは違うので、プロ野球の世界に一般論を当てはめることはできないが、
上司がわざわざ優しい対応で育成しなくても、やりたい、活躍したいと努力してる人が多い世界なので、
京田選手には少しでも早く自信を取り戻し、頑張ってもらいたい。

今の世の中、強く叱咤なんてしたらすぐにパワハラとか言われてしまうが言ってもなかなかわからない人はガンガン叱るしかないと思う。
私の会社でも自分が悪者になるのを覚悟してミスをした部下には厳しく叱かりつけています。
そして叱られた人が成果を出した時は少しだけ褒めてあげるとその人はすごいやる気を出してくれます。
立浪監督ももっともっと厳しくすればチームも緊張感が出てきて強くなるよ。

時代遅れの精神論じゃ、このコロナで離脱が多い中、若手を育成しながら5割を保つことはできません。ファンはみんな分かっている。
だいたい今までが緩すぎた事が原因。
京田選手を悪く言う気はありませんが、立浪監督は十分我慢していると思います。
今回の件は打撃不振の中、守備まで乱れては2軍行きはしょうがないと思います。
自信なさげにうつるのは、本人が一生懸命なら可哀想ではあるが、それでもチームで戦う以上、周りに影響がでるようでは1軍には置いておけない。
それに代わりの三俣や溝脇が十分頑張っている。この成績で1軍に置いてもらえなければ、むしろそっちの方が可哀想。

勝ちに対する執念が必要。
これ精神論なの?
理論以前に取り組む姿勢は凄くだいじな話だと思うのだが。
やはりプロなのだから、正しい理論や技術の追求や反復という事も大事。
しかし、長く続ける中で上手くなる強い気持ち勝つための執念が無いと、自分を律し、成長することは出来ないのではないだろうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる