MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

とりあえず立浪監督と京田は合わない、立浪監督が長期政権の可能性が高いということは・・・・

今の中日めちゃくちゃ良い方向に進んでると思うよ?
どのポジションにも競争があって、正直なところ誰かが抜けても、そこに割って入ってくる選手が出てきてる。
ビシエドにしても、アリエルが活躍して、4番一度は降格になったけど、そこからまた吹き返して来てるし。
根尾くんにしても、打撃良くなってきてるし、ショートに入るのも現実味を帯びてきた。

前までは本当になんか気が抜けてるというか、ふわふわしてたけど、今は一軍の選手全員躍動感があるよ。
正直固定される選手はまだいない、怪我がなければ大島さんくらいだと思う。
キャッチャーにしても石橋くん出てきたから、木下も不甲斐ない成績だったら変えられるね。
周平にしても、石川くんと競争になってるし。
守備は周平だけど、打撃に関しては、両方捨てがたいし、将来性を加味したら石川くんともなるし。
これだけ色々なオーダーが組めるようになったのは、立浪監督のおかげです

言っても解らなければ更に強く言うのは当然では?
プロ野球でも一般のサラリーマンでも結果が出せなければ風当たりが強くなるのは必然だと思います。
結果が出せなければ頑張っているつもりで終わっていると云う事です。
経験者にアドバイスを受けるだとか、今までのやり方を変えるだとか、考えて行動を変えなければ改善点も見えて来ないでしょう。
素晴らしい才能を持っていても、素質だけでは通用しなくなったタイプの典型ではないでしょうか?
立派な学歴を携えて入社しても活躍できない新入社員がこのタイプなんだと思います。

どれだけ中日を下げたいんだこの記者は
まず与田さん時代に懲罰がなかったのは嫌われたくないからではなく、常に責任は起用した自分にあるというスタンスだったから。
そして京田の件は、元々京田は打てなくても守備さえしっかりすれば良いと開幕からずっと言ってきていたのに、その守備で打撃の不調さを引きずっているようなイージーミスをしたから。
逆に石川や岡林や鵜飼といった若手には、どれだけ失敗してでもやる気さえ見せていれば起用すると言っている。
失敗を恐れて萎縮するのではなく、常に緊張感をもって挑めというスタンスを貫いている。
それと精神論が~というのに関しては、野球はメンタルスポーツと言っても過言ではないです。もちろん一定水準の技術があってのことですが。

時代遅れでもなんでもない!現に星野さんや落合さんもそうだった。使えない選手や闘志がない選手を2軍降格は当たり前だし 星野さん 落合さんに共通するのは 両監督とも優勝(落合さんいたっては日本一)をしています。両監督のDNAを受け継いだ立浪監督は それでいいと思います。京田を2軍降格させたのも 若手のみせしめでもなんでもない。京田にも優れた所があるからこその行為だと思います。戦力になりたいなら 京田自身も自分を見つめ直して 2軍でもう一度這い上がる姿を首脳陣ファンに見せて欲しい。

日頃から無意味に選手を萎縮させるように強面を発揮する必要はないし、それは今の時勢だとハラスメントという話にもなる。
だが、記事の内容を正とするなら京田選手は立浪氏から指導されたことを実践せず、打撃結果の悪さだけでなく頼みの守備も綻びが出ていた。それに加えて自信や覇気もなければ調整すべきだし2軍に送られるのも仕方ない。
期待していなければ怒ることもなく黙って一言2軍行きを告げるだけだとおもいますし、期待はしているものの流石に悪いことは悪いことと言う監督だと言うように思いました。

ルーキーや2、3年目の選手ではなく、六年目、しかも五年間ほぼレギュラーを張ってた選手ですからね。若手の手本になるように自覚をもって仕事をしてもらわないと。
懲罰交代とか言うと聞こえが悪いですが、結果がでてない、ミスはする、覇気も感じられないでは、一軍にいる意味がないので、二軍落ちは当然かと。暴力があるなら萎縮もわかりますが、そうではないのにこれに萎縮する若手とか、仕事を甘くみすぎでは。
打てば~とか、年俸に文句つけるとか、オフに頑張るのではなく、シーズン中に生き生きと頑張ってほしいです。

プロ野球選手は「結果」を求められる。

「結果」が出ないとき、人はその「原因」を知ろうとする。

どうしてこうなったか、何をしなかったからこうなったか、
原因と結果、「因果関係」を見極めたときに、その原因が選手のメンタルにあるとしたら、そこを正す指導をすることは何も問題ない。むしろそれをやらないコーチや監督がいたら、それをこそ批判すべきだろう。

厳しいことを言うことも、使わないことも、当然ありえる。

そしてそれは監督の判断であって、監督自身もプロなので、その結果の評価は受ける。

プロは厳しい。アマチュアじゃない。

あれだけ戦う姿勢見せれてなければ仕方ないよ。
京田がルーキーから積み上げて来た物があったから打てなくても守備さえしっかりやってくれたらと監督は起用してた。
それが守備に精彩を欠いての打撃も気持ちが出てないからあのままでは控えや二軍の選手は不満出るでしょうし。
京田が最低限打てるならリーグで球界でトップクラスのショートに候補出るだろうしなんとか奮起はしてほしい。
ファンは厳しい事言うけど反面期待もしとるよ!
2軍で何かきっかけ掴んで欲しい。これでダメならしばらくチャンス貰えないと思うし。

「萎縮」という表現は違うと思う。
今までぬるま湯につかっていて勝負に対して後ろ向きなイメージがあるチームとして定着している。プロなら闘争本能むき出しにして「勝ち」を掴み取りに行くもんだ。立浪監督はグランドに出ればガチンコの喧嘩みたいな表現をしていた。正にそう思う。やられたらやり返せ!立浪監督は根底からチームを変えようとしている。京田の強制送還は賛否両論あると思いますが私は立浪監督を支持します。常に緊張感を持って戦ってほしい。
個人的に最近のベンチの雰囲気は悪くないと思います。

京田選手のプレイを前提にしないで、立浪監督の言動を論うのは賛同出来ない。記者はビデオで今シーズンの打撃と守備を良く確認してほしい。

・入団当初からの打撃の欠点「2度引きトップによる始動の遅れ」を修正しようと、監督やコーチが指導し続けたが、キャンプでは試みるもののシーズンイン後は元に戻して2度引きのまま。
・最近はバットをどう振ったら良いのかも分からない様子で、スイングは弱々しく当てに行くだけ。
・堅守にも考えられない様なエラーが続出。グラブにボールを入れられない。ハウンドが合わせられない。球際もぎこちない動きで、スローイングも恐る恐る。

京田のプライドを慮って何とか使い続ける中で修正を期待したが、何ら試みも見られずどんどん自信喪失の深み埋もれていくばかりでした。
立浪監督の怒号は「京田よ眼を覚ませ」との叱咤であり、記者が喧伝するスポ根の鞭ではないと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる