MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

大阪桐蔭・西谷監督も高評価の投手根尾昂とは

Yahoo!ニュース
「投手・根尾」は大阪桐蔭・西谷監督も高評価 ドラフト前は二刀流を複数球団がOK(デイリースポーツ) -...  中日・根尾昂内野手が8日のウエスタン・阪神戦(甲子園)で公式戦に初登板した。「2番・遊撃」で先発し、九回からマウンドに立った。

確かにフォームは綺麗だし良い軌道のストレートを投げる。
ただ本人は投手野手のどちらをって言えば野手だと思うので、本人の意見を尊重してあげたい。
短いイニングなら抑えられる感じもあるが、中継ぎだと野手との兼任も難しいかも。

映像で見たが、与田前監督をして絶賛していたというフォーシームは確かにプロレベル。

ただしセットアッパーと遊撃手という、元々激務の兼任をやらせたら、どんな頑丈な選手でも体が保たない。

セリーグは投手も打席に立つから、打線の厚みは指名打者を使ったぐらいの反則級にはなるが···中日の投手陣の力量を考えれば、1軍に割って入るのは難しい。
無理に根尾さんを二刀流にするほど、投手の台所事情は切迫していない、が現実か。

現実的に使うなら、先発が松葉のときにオープナーで1〜2イニング、または6回1イニングを投げてもらい、5イニング限定男・松葉のサポート専門ぐらいしかない。

松葉先発のときは半ブルペンデーになるため、そうすればリリーフ1枚を節約できるが、野手を1枚使うことにもなるので、一長一短か。松葉が最低限レベルで1塁を守れるなら話は別だが。

プロの世界だから残された時間が多いとは言わないですが、別に今すぐ出なくても良いから長く主力として出場できる選手になって欲しいです。どこかのタイミングで大化けする要素は持っているはずなので、それを逃さない様に周りも含め頑張って欲しいです

大谷の活躍以降やたらと二刀流関連の話題が多いが、元々学校で一番運動神経が高い人がエースで4番ってのが多かっただけの話。
他球団ファンではあるが、やはり野手としてのポテンシャルを感じる選手であり、上背のなさから投手としての大成には疑問符。
少なくとも一番は本人の意思を大切に育成して欲しい。

しかし根尾も思うようにいかないよね。器用貧乏というか、素質あるだけにそれでいて自分が希望するものの時には障害があって上手くいかない
遊撃手一本で入団した時には打撃に守備とまだまだで、外野に光明を見出して今年外野一本となった時、岡林と鵜飼が少し早く台頭。それでいて代打代走と中々使って貰えず
京田が不振でも使って貰えない

やっとそこでやっと京田から根尾にするかと根尾に再度コンバート指示
望むものに中々いかないね。ちなみに今年は投手の用意も元々してると本人が明言してる…というか、いけと言われたらいつでもいけるようにしてると行ってる。吉見のチャンネルで語ってる

今は打撃の調子がいいから三ツ俣、京田と打撃含めた実力で争って勝ち抜いて欲しいね
そして余裕出来る頃に、敗戦処理でもなんでも見てみたくはある

最初は投手でいって欲しかった。まだ22歳なのだから、今からでも投手に専念して欲しい。身体能力の高い選手だから、その後に野手も可能だと思う。
糸井選手だって、大学から投手で入団。3年目ぐらいで野手転向じゃなかったですか?彼のように身体能力が高いのだから、出来るでしょう。

二刀流って言うけど、
このまんまだと打つ方も投げる方もグダグダだと思います。
どちらかに絞らせるべきだと思います。

個人的には投手にせよ打者にせよ
体格的にちょっと線が細いかなと思います。

とにかく打つ方では
どんなに低くても打率2割は欲しいところ。

逆にこれで二刀流がOKなら金田正一や堀内恒夫、桑田真澄のほうが上だと思います。

大谷はどちらかに専任すれば、最多勝、ホームラン王が狙えるポテンシャル。だから二刀流と言える、一方の根尾は打力の弱いドラゴンズでさえレギュラーに届かかない選手。このままだと、大差のついた試合の敗戦処理とショートの準レギュラーで終わりそう。京田がスランプ状態の今、ショートで一軍を目指すのが本人のためだと思う。

大谷さんみたいな二刀流じゃなくて、基本はショートで、大差でリード時あるいは敗戦処理として、投手陣の負担を減らすための登板はアリなのでは。
いざというときは根尾がいるから、延長戦考えずに小刻みな継投もしやすい。
まあ、片手間に投手をやるなんて、2軍ならまだしも1軍では通用しないのは、本人もわかっているだろうが。

身長が高いわけでも無いけど、バネと言うか、素質は感じますけどね。こればっかりは、引退する頃にならないと、わからないですね。根尾昂選手がコールされるだけでドームは盛り上がるから、早く、一軍で出場して欲しいですね。勿論、2軍でしっかりと頑張ってですが。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる