MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

印象に残る長打が多いのは良いのだが、やはり年々打撃成績が落ち続けるのは何かがおかしい京田陽太

印象に残る長打が多いのは良いのだが、やはり年々打撃成績が落ち続けるのは何かがおかしい。
しかも元々高くもない打率が今年は一軍レギュラーとして失格とも言える低レベル。いくら守備のチームで名手でもこれでは困る。今後調子が上向けば良いけど、このままなら根尾と併用になり、根尾もシャキッとしないようだと来年は土田、星野、更に新人と争う事になるだろう。誰でも良いのでレギュラーと胸を張って言える選手が出てきてほしい。

京田は打率こそ低いものの長打が多めなのでOPSは0.6超えてるのが地味に大きい。
指標的に打率は今は底に近いので流石に揺り戻すでしょうけど、率は2割超えてこればあとは積極走塁や持ち前の体格で長打を増やすスタイルなら去年よりずっと怖い打者になると思います。
足力共にやはり身体能力のポテンシャルは素晴らしいものがある。それを活かすのは本人次第。
本当に期待してなければ立浪監督も指導しませんよ。今の中日のショートを担うのは最終的に京田だと思ってるので期待したいです。

今年の京田に関してはしっかり振っての長打とか、うっかり試合を決める打撃が出来ているので、数字ほど悪く無いと思っています。
というのも京田の属性は藤井と同じであって、決して大島のようなアベレージヒッターでもないし荒木・井端みたいな試合の趨勢を見て打撃内容を変えられる打者でもない。
十数試合に一度、相手チームが「やられた!」と思うような打撃が出来れば良く、決して打率とか.OPSとかを求める打者では無い。
その役割を果たしつつショートの守備でリーグ屈指の力を発揮してくれれば、十分スタメンの資格があると思っている。

打てないから打てる選手を使う。のではなく、打てないチームだからこそスタメンで守備力のある選手を使うんですよね。難しい考えですよ。失点を抑えて終盤代打。打てないチームはこういう戦略もありです。それに、一軍で3割打てる見込み、実力のある選手はセカンドでもレフトでもショートでもスタメンで使われていると思います。良い雨天中止だったとなるように頑張ってほしいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる