MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

京田は期待するほどポテンシャルは無い。寧ろ劣化が始まっている。

京田は期待するほどポテンシャルは無い。寧ろ劣化が始まっている。

タイミングの取り方が悪いと言うか遅い、これは平田にも言える。

福留は速い球には ついていけず振り遅れでファールが多い。

が本人次第なのだが練習によってはグレードアップは可能だと思う。

高橋の1軍昇格を望む声は少なくないが去年は腰を痛めていた様に思う。

恐らく去年はコルセット付けたり痛み止めを飲んだりして無理して出場

していたと思う。今年は、もっと体を絞りリハビリに専念してもらいたい。

京田を8番に置けてる現状はチーム力が上がってきている証だと思う。キャッチャーもショートも打てないのではアウト要因がピッチャー含めて3人になってしまうが打てる捕手がいるので、守れる遊撃手で充分だと思う。結構良いところで打ってるし、でもやっぱ2割5分くらいまで持ってきてほしいな、そんくらい出来る選手だと思うし!

守備負担の多い二遊間を長く守って、
ゴールデングラブの常連にもなり、
打線の上位を打って、攻撃面でも貢献した
高木、立浪、井端、荒木が如何に凄いか。
ドラゴンズファンは、彼らを見てきて、
ハードルが上がっているのかも知れない。
ルーキーイヤーからずっとショートで、
レギュラーを獲っている京田もある意味凄い。
色々叩かれるけど、結局は、京田に勝てる
ショートストップがチームにいないだけの事。
打ってくれるに越した事は無いが、
石川昂、岡林らの様な伸び代は既に無いだろう。
京田には、リアルに守備の評価だけで群を抜く、
真のゴールデングラブ賞を期待したいが、
何はともあれ、チームが優勝すれば、レギュラー
として、それが全てで、良しとなろう。

セ・リーグの8番は難しいと思う。チャンスの際は敬遠か勝負かその中間の場合もあるし、打てなければアウト二つを計算されることになる。考えることの多い打順なので、京田には難しい。他の打順に比べて考えることの少ない1番が適任かとも思います。本当は大島なんですが、チーム全体の打率を考えるとね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる