MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾自身の出場機会を増やすためにポジションを変えるのはたらい回しとは言わないよね。

他の人を使いたいからってポジションを変えられるってのがたらい回し。
根尾自身の出場機会を増やすためにポジションを変えるのはたらい回しとは言わないよね。

根尾なぁ。大きいのなくてもいいから安打数増やして打率残せる選手なら起用の可能性はあったんだろうけど。
持ってる物は悪くないし、楽天のオコエのような慢心してるわけでもなさそうだけど。
ここまで結論だとプロレベルではない。の烙印を押されてしまってる。

打てるバッターが守備位置を転々とするなら分かるが根尾君はそうではない。内野一本で守ってれば他球団に拾われる可能性もあっただろうに。首脳陣の我慢が足りなかったと思う。

根尾君の場合、ネックは打力って事かな。それと言葉の端々に感じられるのが京田選手に感じている”物足りなさ”かね。それまでレギュラーとして扱われて来た選手に対して「ライバルらしいライバルがいない」という発言って、普通じゃないと思う。

根尾君のコメントが多いね。根尾君には不思議な魅力というか期待感がある。これだけ注目されているコンテンツを生かさないのは、プロの興行としてはもったいない。ドラゴンズに入ったのが不幸だったな。ショート守って、ショートリリーフでもしたら楽しいけどね。

明確なビジョンを持っていることがよく分かる。
目先の勝利よりももっと先を見据えて戦っているんだから、ファンもそこを理解して応援しないとね。
しかし根尾の二刀流は観てみたかった。

いやー、大したもんです。
立浪さんに受けてもらったんだから、少しの結果でどうこう言っちゃダメ。
その中で勝ち越してるんだから、素晴らしいとしか言えない。
楽しみだ!!

ドラゴンズの根尾選手、ファイターズの清宮選手、カープの中村選手…このまま芽が出ないままプロ野球選手を終えてしまうのかなぁ。だとすると期待していただけに残念でなりません。。。頑張って欲しいけどなぁ。

ドラゴンズ関係の記事をよく拝見するが、ここ最近で1番読みやすかった。
誰が書いたか気になってみたら若狭アナだった。
どこぞのフリーライターが書いたものとは全然違うなと。
これからも定期的に書いてほしい。

器用貧乏ってやつだね。
プロは尖ったもの一個あると良いんだけどね。
全部高いレベルでこなせるけど、1番じゃない。
フィールドに欲しいわけではなくベンチに欲しいタイプなのかな。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる