MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

京田陽太 「二度引き」防止の打法も、投手のクイックに対応できない欠点があった。

「二度引き」防止の打法も、投手のクイックに対応できない欠点があった。
二度引きにも問題があるが、打撃で重要なのは振りにいくタイミング。先に構えても打ちにいくタイミングが駄目なので、あまり効果がない。改造した京田の打撃は現役の立浪監督に似ていますが、似ているのは構えだけで、打ちにいくポイントはまったく違う。ここに3割打者と2割打者の違いがありますね。

セ・リーグで2割前半の打者は不動とは言いません。来年はショートに外国人補強ですね。

打撃不振てずっとだろ。これが京田だろ。そもそも3割にもう少しで届きそうだということも全くないし、ごく一時的に打っていたこともあるが決して継続することはない。平常運転だろ。まあ、いつもよりはダメだけどね。今に始まったことではない。まあ昔は、若いからそのうちシーズン3割打てる打者になるだろうと大目に見てきたが、ファンも我慢の限界だということだろう。引退するまでこんな感じだろ。もうこの年で覚醒なんてありえない。ほんの一時的な偶然と幸運による好調はあるだろうけど、シーズン通してはまあ2割5分で上出来な選手だろう。打てない中日にはきつい。打てるチームにFAで行くべきだろうな。ほしければどうぞどうぞ。活躍しても全く後悔しない選手。お金でもめてる選手だしね、あんな成績で。選手会長としても無駄なでかすぎるプライドか。がんばれ。

今年の京田は、始めの10試合に関しては大不振で33打数3安打3四死球、打率.083出塁率.167だった。この時ならばスタメン離脱も当然だった。
しかし、10試合目を終えた4/6の夜、立浪監督は「143試合ショートを守れる体力があるのは京田しかいない」と発言して京田を擁護した。
翌4/7、発奮して目覚めたのか、京田は2本塁打の大活躍。4/7以降出場した8試合の成績は、27打数7安打2本塁打6打点5四死球1犠打、打率.259出塁率.375と、8番打者としては充分評価できる結果だ。しかも、最後は3試合連続ヒットとなる先制2点タイムリーを打ってお立ち台に上がったというのに、次の試合で外した理由が全く解らない。

守備はいいけど打撃が、、、逆に打撃はいいけど守備が、、打撃はいいけど足が、、

アメフトみたいに一つの事だけに特化してればいいルールならね、もっとハツラツとプレーが出来るんだろうね。野球って全ての事を求め過ぎていると思う、こんなスポーツは他にないよ。
なので守備が凄いのならチームにとってもかかせないと思いますのでその良い面に注目を持っていってください。全てが出来る選手ってほんと一握りのスーパーアスリートだと思うので。

京田は打撃不振ではない。現状が真の実力。それを受け止めて真摯に取り組まないと。京田の守備で失点を防いでるという意見があるが、京田の打撃で得点機を潰してるのもある。監督には監督の考えがあるだろうし、監督自身がルーキーイヤーから抜擢されて使い続けられた経験からだろうが、自身と重ねすぎでは?時代も事情も違うんだからもう少し競争させて欲しい。他の選手はもっとダメというかもしれんが現状の京田なら他の選手を試してみるのも有りだろう。

京田に対するファンの不満は打てないことだけではない。打席での工夫や粘りのなさ、ミスや凡退しても淡々としている、自分の成績に過剰と思える評価を求めることなど。こうしたことが打てないことと相まってファンの神経を逆撫でするのだろう。我々が思っている以上に悩み反省し練習しているのかもしれない。昔から態度は良くないが打てる選手はたくさんいる。京田が認められるためには、ファンを唸らせる活躍を見せるしかない。

現状、不動で居られる成績ではないのは確かだと思うよ。

ただ、おらが国の英雄君たちを押しのけて試合に出続けているのが気に食わないだけのように目の敵にして、代えろ、代えろと、喧しいのが多いが、代えて代わりが居るのか、まともに代役が務まるのがいるのか甚だ疑問だ。

数試合だけでも襤褸が出るようなベテラン、草臥れる中堅、壊れる駆け出し、打てない京田以上に打撃が怪しい連中ばかり。

それなら守備だけでも安定している選手を起用するのが道理で、勝つための最善の選択だろう。

8番打者に過剰に打力を求める雑音や、足を引っ張るような「ファン」が多い風土に嫌気がさし移籍を選択する可能性も高いとなると、次のショートを作る必要もある。そうなれば、ますます不動ではいられなくなるだろうし、それはそれで仕方のないことだ。

ここを不動にしていたから、競争もなく内野の選手層もチーム力も上がらず
長い低迷の一因になっていたように思うのだが
立浪監督になって、ここまでフレーがふがいないと、さすがに外したけど
まだまだ競争は必要
根尾君も再コンバートされたし、良い競争してここから強くなっていってほしい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる