MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾昴 内外野、どちらもそれなりにこなせる……。

内外野、どちらもそれなりにこなせる……。
聞こえは良いが、突出した物がなくどちらもレギュラークラスには届かない……。

これがドラフト下位での入団なら、ユーティリティプレーヤーとして、ケガ人の穴埋めやゲーム終盤の守備固め要員として使えるが、ドラフト1位入団となれば、そんな扱いは出来ない。

せめて今の京田より打てれば、対戦相手によって京田と入れ換えながら経験も積ませられて、覚醒への切っ掛けにもなりそうだが。

後は指導者。良い悪いではなく相性のよい指導者に出会えるか。

しかし、ドラゴンズって新人育成が上手くないなと思う。
契約更改の場で某選手から『育成方針をしっかりしてくれ』と突き付けられたのは、そういう所なんだろうね。

たらればですが、今季も遊撃一本で勝負!ということであれば、京田の状態もあるしスタメンのチャンスはもう少しあったかもしれないけど。これはあくまでも結果論ですからね。結局は打てないのでファームは落ちたというのが現実。厳しいけど、争った鵜飼、岡林、アリエルたちに負けたということ。今季は昨年までよく目にした「根尾を使え!」ってコメントがほぼない。月間MVP級の阿部がセカンドに回ってライバルが1人減った中でもなかなか根尾君まて出番が回ってこなかった。ファンの思いと監督の起用に差がない証拠です。昨年までは打てなくてもなぜか使われ続ける選手がいた(オフに自由契約)けど、層が一気に厚くなった印象です。根尾君もショートだけじゃなく色々守れるようにしておいた方がいいと思う。

好意的な意見が多いけれど、どうだろう。正直自分が根尾選手の立場だったら、外野でいくと言われて、覚悟を決めた上でのヒット1本の後でようやくここからという時に、やっぱりショートで2軍行きだったら、はっきりいって腐りかけてもおかしくないと思う。

ただ、そこは勝負の世界。2軍で圧倒的な成績を収めて、京田選手をレギュラーの座から引きずりおろすしかないのだろうね。

根尾選手。心中察するに余りあるが、ここは、結果で見返すしかないので、心機一転して、がむしゃらにやってください。応援してます。

岡林が不動のレギュラーに近付いているのと、去年ドラフトで外野手3人指名して鵜飼が思ったより早く1軍の戦力になっている点、大島がまだまだレギュラーでやれる辺りも影響したのかな?ショートは根尾も京田も土田も頑張って欲しいけど勝ち残れるのは1人だけ、厳しい世界たけど強力なレギュラーが誕生するのを期待しています。

ショートをやらせてみては?と言ってる宇野さんは立浪監督の入団で前年ベストナインにもかかわらずセカンドにコンバートされた。立浪監督は、森野コーチにレギュラーを奪われた。
立浪監督はネット上のファンの声も気にしている様子で、京田を擁護するコメントがあったけど、やはり自身が競争と言ったのにショートだけそうなってない状況にも着手しなければいけないと感じたのかも知れない。根尾くんの現在地からしても方向性を示してあげて、レギュラー奪取に向かって結果を出すという方が今のベンチウォーマーより断然良いしファンも納得する。

よく「京田より打てれば根尾は使ってもらえるよ」というコメントを目にするが,それは逆で少なくとも京田並みに守れるようにならないと守備の要であるショートは務まらないのではないか。
こうなったら根尾も打撃は後回しにしてでもショートとして腰を据えて鍛えてもらって,京田の守備力を上回るくらいになってほしい。京田があれだけ打てなくても安泰の位置にいるのは,歴代の監督に守備力を評価されているからこそ。根尾も打撃は苦労しているが,基礎的な身体能力は高いので守備は鍛錬すれば相当のレベルに達すると思う。

昨日のコラムでウーヤンが根尾にショートで勝負させてとあった
けっこう肯定的な意見が多かったと感じた
新外国人を獲得しなかったので外野争いが激しくなった
又吉が抜けたのでロドリゲスが配置転換されて欠かせないピッチャーになった
昨年、京田が契約更改でFAの可能性を示唆した
根尾がヒット打った翌日にショートに配置転換、2軍での出直し
凄く楽しみだと思う
今日からの巨人戦、開幕のリベンジを期待しています

立浪監督も複数ポジションで活躍した
内野をやることは将来的に糧になると思う

幸いにも地元ドラ1という立場なら時間はある
打撃もカウントとられるまではフルスイングで
そこからはミート主体、とか柔軟になれば

立浪政権のうちに開花の兆しを見せて欲しい
ひたむきに努力する姿勢は誰もが認めていますよ

打撃面で何かを掴んでもらえたらといつも期待しています。
ちょっとしたことで変わるのではないかと。頭がいいので考えすぎか、きれいにとか、完璧を求めているのでしょう。
一流の選手でも完璧な当たりの決定打はなかなかないように思います。山を張らなくても対応できるとか、球種を読めるように研究するとか、やっているとは思うけど、自分のスタイルが定まっていないのではと思います。

かつて井端はショート福留の当て馬としてショートの守備練習ばかりさせたれていたそうです。3年間は守備練習ばかりでバッティング練習はほとんどさせてもらえなかったとのこと。それで福留を追い出してショートのレギュラーを掴んだ。死ぬほど守備練習すれば必ずバッティングに生きる! 巨人の岡本も井端が徹底的に守備力を鍛えたおかげで化けた。今シーズン本当は井端がバッティングコーチをやるはずだったのがなんとも惜しい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる