MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾昂はショートに再コンバート 立浪監督が直接伝える「京田にライバルらしいライバルもいないのでね」

Yahoo!ニュース
【中日】根尾昂はショートに再コンバート 立浪監督が直接伝える「京田にライバルらしいライバルもいないの...  中日の立浪和義監督(52)が21日、根尾昂外野手(22)をショートに再コンバートする意向を明かした。根尾はこの日出場選手登録を抹消された。


ここまであって初めて、このタイミングで2軍行きの理由を納得しました。立浪監督としてもドラ1.なんとか育てたいのだと。初ヒットで2軍行き、だけであったらいろいろ勘繰ってしまっていたので。 一周回っていまの根尾ならショート勝負できる気がしてます。特に2軍ではヒット出てるし、一軍では機会すら少なかっただけで、守備は負けても今ならショートで京田と競う方が見てて楽しみ。逆に京田ががんばってもいいし。 あと、代打と継投の時に一手増える。ピッチャー根尾ではなく。代打代走で出た選手と内外野交代してそのまま生かす。例えばピッチャーや外野手の代打に内野手を出し、そのまま残して根尾が外野に回ると、ピッチャーの打席を減らせられる、かも。説明難しいけど。選択肢増えると見てて戦略読むのが楽しい 今年はドラゴンズみてて楽しいです。応援続けます

なるほどな、立浪監督も根尾には結構考えたのかもね。

京田のライバルはたしかに現時点ではいない。
しかも若手で京田を脅かす選手がいないからな。

立浪監督は外野に専念させたのは
大島がもう30代後半なので将来的な構想もあっただろうし
外野の守備力はあるということで打力向上しやすい環境を考えてだと思う。

しかし開幕したらベテラン大島が過去最高くらいの出足で
しかも勝負強さが増してこの歳でなんと成長してきている。
岡林や鵜飼もそれなりに結果を出して確実に成長しているので、根尾のスタメン出番が無くなってしまったのでね。

京田だってまだ6年目だから成長する余地が必ずあるが
若手ライバルが伸びて脅かしたら競争になり、高いレベルの争いになり京田も伸びるか若手が抜いてもどちらにせよチーム力は上がる。

ただ二軍の打撃コーチが前政権のままで
それが最大の懸念材料と思っている。

個人的な見解では現時点ではまだ打撃面においても京田のほうが上だと思うので、根尾がレギュラーを取るにはバッテイングとくに出塁率を高くすることが先決だと思う。守備が重要なショートではよっぽど打つか守りがチーム1で体力がないとケガしやすいポジションでもあるので体のできていない根尾は今まで以上の練習が必要になる。この競争に負けたらレギュラー野手としての出場の可能性はなくなるだろう。

嬉しい誤算が多かったというか今の外野の選手層に根尾が入る隙間がほとんどない。周平が帰ってきたら阿部が外野に回る可能性もあるし岡林、鵜飼、マルティネスなどの若手が外野で一軍で活躍してブライトらも下で控えてる。
入団当初の本人の希望でもあったショートだし頑張ってほしい。これには京田に奮起してほしいというのもあると思う。
若手、中堅、ベテランチーム全員で活性化させている立浪監督の姿勢はとてもいいと思いました。これはこれからも続けてほしい。

双方に取って良い決断。本来、根尾はショートで勝負したかった筈で、彼の士気も高まるだろうね。京田には、現状ライバル的な存在もいないし、結果が伴わなくても起用せざるを得ない状況だ。彼にはレギュラーを奪わる危機感を植え付けなければいけない。京田は新人の頃、一番良かったと言う。では何故、彼に進歩が見られないのか?典型的な中日流に染まった選手だ。この様な選手は他にもいるが、そのチームの駄目な環境に慣れてしまうと言う。強かった巨人のV9時代は常に、同じポジションに複数のライバルがいたと聞く。この決断で更にチーム力が上がるだろうね。

今シーズンの京田、根尾、若手外野陣の打撃結果次第かなとおもってたけど、早い決断ですね。
どちらかと言えば京田の聖域化対策的なところで、打撃向上の兆しがないならいずれはと思ってました。
根尾は外野守備は十分なら、遊撃守備の向上でどっちでも行けるようになると良いですね。
本人の希望するポジションなら打撃面のモチベーションもあがるし、その分大変だけど努力家なので頑張って欲しい。

高卒すぐの選手ならチーム事情でコロコロとコンバートを繰り返す事はマイナスだと思いますが、根尾選手は入団して3年間結果が出ず今シーズンは4年目です。プロとして生き残る為にその時空きの有るポジションでの出場を模索するのは当然だと思います。プロ野球界でショートを高いレベルで守れるというのは大きな強みですし前向きに取り組んで欲しいと思います。京田も28歳、今の成績でレギュラーが安泰というのはどう考えてもチームとして不健全な状況です。根尾も京田もお互い刺激し合って高いレベルで競い合ってほしいです。

立浪監督は柔軟だな。もっと頑固な感じかと思ったが。普通は拘りあって方針は変えにくい。

ただチャンスが広がっただけで、実際根尾のショートは使えるか、使えないかわからない。

それの判断もできるし

一番は京田に火がつくことを期待する。今の1割台でレギュラーはやはりおかしい。

最終的に根尾でも京田でも他でも、結局三ツ俣がでも、力ある選手がレギュラー獲ればそれでいいし。

京田に打撃より守備を期待するのであれば、京田より打てる選手を先発で使い、試合リードの展開で京田を首尾固めで使うのは充分考えられる選択肢!

となると、根尾が京田より打てることが条件になるから、外野を守ろうが、遊撃を守ろうが、根尾に要求されるのは打撃ということになる。

要すれば、根尾は、打たなければ出場機会がないことを自覚し、打撃に、より磨きを掛けなければ出番は無いということ。また、守備力が向上しなければ、京田に試合途中で交代させられるところが、監督が我慢起用を広言している石川との差と言うこと!

根尾くんの武器がなんなのか今のところまだファンの僕らにも分からない。

立浪監督は守備力があって高卒スタメンショート
打撃は年々ついていった
福留選手は打撃力を買われて外野にコンバート

井端&荒木の両選手は小技と守備がウリで
上手く世代交代ができた。

では京田選手と根尾選手はどうだろうか?
京田選手は身体能力の高さと守備今のウリ
ただし小技や打撃は今のところ全然メドが立たない
ショートはキャッチャーの次に守備の要でシーズン通して体力がいる
その点を立浪監督は評価しているんだろうが
根尾くんもその点は充分やっていけるだろうと思う。
根尾選手のウリは身体能力の高さと何だろうか?
打撃や守備といった何かがない限り中々にポジションを奪うのは難しいのかもしれない。

京田選手のままで良いとも言い切れないので切磋琢磨してどちらかがレギュラー掴んでくれるとドラゴンズの未来は明るいものになるだろう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる