MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

元々は根尾の出場機会を考えての配置転換だったけど、状況的に外野の出場機会が難しいのなら

元々は根尾の出場機会を考えての配置転換だったけど、状況的に外野の出場機会が難しいのなら
早めに決断してショートに戻るのもいいかもしれない、外野に慣れてきた部分もあってまたショートの事も覚えないといけないのは大変だけど、頑張ってほしい。内野は若手のライバルは多いが根尾がレギュラーで出ている姿をファンは望んでます。腐らずかんばって

根尾を使う条件は、中盤から後半で1~2点差の負けている試合で同点、逆転に持ち込みたい時です。

先行逃げ切りの試合は京田で最後まで守備について守りの野球に徹する。                     

試合逆転時は直倫で守備固めで使うのがベスト。

三俣の調子が戻れば全てにおいて対応できるのであるが...故障が多過ぎる。

将来的には土田が活躍するイメージが描けるが2~3年先にも期待している。

根尾君をユーティリティープレイヤーとして育てるには良い選択だと思う

ただ、代打で1本安打をが出た事で『使いやすくなった』の監督発言には
我慢して起用される若手選手が数名に限定されている事を物語っているし
何の為に根尾君を外野登録にしたのか、この事に関しては判断ミスとしか言えない
(判断ミスは京田にライバルらしいライバルがいないって、今まで解らなかったのか?
  育てる若手が他にいないって…今、解ったのか?って事)

新人監督だからマダマダなのは仕方がないけど、記事もコメントも
立浪監督を褒めすぎだと思う

褒め殺しにならなければ良いけどね

PS:批判するけど立浪監督を応援している事には変わりはないです

素晴らしい判断。
根尾の使いどころ、京田の聖域化問題を両方解消できる。もちろんこれが良い結果に転ぶか否かはやってみなきゃわからないが、こういう思い切った動きは近年なかった印象。どんどん競争できる体制を整えて欲しいね!

大島絶好調に加え鵜飼岡林が結果を出し加えてアリエルも好調、さらに周平の代役の阿部が絶好調で周平復帰後外野転向という話も.外野にはもう根尾の椅子はない。現状では守備固めの出場も難しい.新戦力が揃って戦力になった結果でありチームにとっては嬉しいことだが外野転向は根尾にとって結果的に回り道となっただけであり失敗に終わった。

ショートも京田だけでなく堂上など競争相手が多いが開花してほしい。

大島以外では岡林、鵜飼、平田、アリエルがいて周平が戻ってくれば阿部も外野かもしれない。2軍でも郡司、ブライト、福元らもいて打撃面で言えば根尾はまだ5.6番手あたりかも。ショートは三俣、堂上がいるけど若手でいうと土田、星野なのでチャンスがくる可能性は十分。立浪監督自身もショート、セカンド、レフト、サードをやりながら出場機会を失わなかったので根尾には期待したい。

立浪監督の柔軟な対応に脱帽です。指揮官として、状況を見ながら臨機応変に対応できる能力、今後に期待大です。
根尾選手においては、高いポテンシャルがあるので、内外野守れるオーラウンドプレーヤーに成長して欲しいものです。ファームでじっくり打撃を固めて欲しい。いろいろなポジションを守ることで、脳に刺激を与えることは打撃にも好影響があると思われます。
できるなら、2軍のコーチもいらっしゃるが、PLOBの宮本氏に臨時に教えて頂けないものかと。球界のためにぜひ・・・。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる