MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

高松渡は立浪監督のここ一番での起用に応える

Yahoo!ニュース
中日・立浪監督「ワンバウンドなら行け」決勝点生んだ“走り屋”の成長 責任はベンチが取ってくれる 次も走れ... ◇渋谷真コラム・龍の背に乗って  ◇12日 中日2―1阪神(バンテリンドームナゴヤ)  石川昂の打球がレフトに抜けるのを確かめてから、代走・高松は本塁へ向かって走り始め...

ようやっとる この一言に尽きる。与田前監督の功績はもちろんのこと、最初は冷や汗をかいたが、選手が結果を出し始めている。私は阿部は信じていなかったのですが、この活躍は運ではもはや語れないでしょう。しっかりと地力をつけてきたということですね。 加えて若手の台頭。これが大きい。平田や周平がかすむような選手層はここ数年ではななかった。やっと大島の後釜が出てきたかと。怪我無くシーズンを消化してほしい。がんばれ。

まだ始まったばかりだけど、ロースコアの接戦で勝ちがついている事に去年との違いを感じる。
去年は打てず点も取れず、でも投手陣は頑張ってるの繰り返しだった。
相変わらず打てない事に大きな変化はないけれど、阿部の勝負強さや木下のここぞのヒットが印象的です。石川も開幕直後より良くなってきたように感じる。
この勝負強さの要因が立浪監督のチームの雰囲気づくりの結果であれば素晴らしいね。
高松も足のスペシャリストとして活躍してほしい。あとは、京田とビシエドさんだね。あ、周平もか。なんか楽しみだぞ、今年は。

まだ始まったばかりだけど、ロースコアの接戦で勝ちがついている事に去年との違いを感じる。
去年は打てず点も取れず、でも投手陣は頑張ってるの繰り返しだった。
相変わらず打てない事に大きな変化はないけれど、阿部の勝負強さや木下のここぞのヒットが印象的です。石川も開幕直後より良くなってきたように感じる。
この勝負強さの要因が立浪監督のチームの雰囲気づくりの結果であれば素晴らしいね。
高松も足のスペシャリストとして活躍してほしい。あとは、京田とビシエドさんだね。あ、周平もか。なんか楽しみだぞ、今年は。

立浪監督の思い切りのよさ決断力が素晴らしい
昨日の大野の代打にしてもそう
いいピッチングしてたし代えるのを迷うところでしたが代打でバント要員を出す
バントなら大野でもよさそうなのにより確率の高い方へ(結果は得点出来ませんでしたが)
試合後のインタビューでも「負けていたので」と明確な回答
4日空いたので中継ぎ陣の余力万端なのもあったでしょうが迷わない采配
個人の勝ち星よりもチームの勝利を優先する姿勢がいいですね
まだ始まって13試合だけですが今年は期待したい

大変お見それ致しました。
実質家督とコーチが変わっただけで、ここまで善戦するとは正直思ってませんでした。
助っ人は育成だし、いくら大卒即戦力とは言うものの、すぐに結果が出ると思ってなかったし。ほんとにうれしい誤算です。

逆に今までのコーチは何をしていたって事になるんですが、まあ好意的に捉えて下地を作ったという事にしましょう。
投手陣は与田、阿波野の両氏がしっかりと立て直した。後は野手陣。
このまま行くとは思ってないが、でも明らかに去年とは違う。選手の意識かな。
首脳陣と選手の信頼関係がしっかり築けていると思います。
ケガには充分に留意してまだ始まったばかりのシーズンをしっかり楽しんでください。
そうすれば我々ファンもきっと楽しいはず!!

相手がフォークを決め球にしている投手だけに、ショートバウンドをキャッチャーが弾くケースがあるかもということを頭に入れておくことが大事だろう。昨日の高松は一瞬でも躊躇したら行けないタイミングだったから、立浪監督がそれを想定してアドバイスしたのであれば素晴らしい。2年前だったか、同じ阪神戦でキャッチャーが少し弾いたのを見て平田がホームに突っ込んでサヨナラ勝ちという試合があったけど、あの時も平田は「狙っていた」と言っていた。そういう意識が大事なんだろうね。

以前、京田が3ベース狙ってアウトになった件で京田が批判されてたけど、
あれだってチーム方針で「行けると思ったら次の塁を狙え」って言う指示だったんだと思うよ。チームとしてそういう姿勢が徹底されているからこそ、今回のように勝ちにつながる走塁も生まれるってもんだ。
シーズン前は立浪監督はちょっと怖いのかと思ってたけど、方針が一貫しているのは選手としてもやりやすいと思う。

髙松くんは、去年の4月のDeNA戦の神走塁から、期待を持って見ている選手の1人ですが、アレ以来の神走塁と言っていいのかなと思います。今は、走塁意識の高さは脚の速さの自信から、なのかもしれない。スタートが悪くても脚の速さでなんとかなっちゃう。でも、ロマン砲ならぬロマン走。あのワンバンで進塁できるのはうちでは髙松だけ。走塁技術も磨いて、いつか荒木さんを超える日を夢見てます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる