MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

【速報】ロッテ・佐々木朗希が自己最速164キロ!NPB4位

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。


スピードも三振がとれるところはとても魅力的だが、投手の一番の仕事は相手に点を与えないのこと。 三振をたくさんとるより、打者に早いカウントから打たせて球数を減らすことも今後、先発投手として活躍できるか重要なポイントになると思う。 三振を取りすぎるとどうしても球数が増えてしまい、長いイニングを投げられないばかりか、球数が多いことはによる疲労の蓄積によりパフォーマンスの低下や怪我の原因になりかねない。 佐々木朗希投手はロッテのエース、パ・リーグのエース、日本のエースとして長く活躍していってほしい。

あと1キロで大谷にスピード追いつきますね。

スピードが全てではないですが、大きな武器になるのは間違いありません。

他の変化球や投球全体のバランスも良くなっていると思いますので、更に精進して球界を代表する投手になってファンをもっともっと楽しませて欲しいです。期待しています。

まず思うのは、昭和の時代とは投手理論がかなり変わってきたということ。
昔はアーム投げと呼ばれて故障の原因と言われた投法が山本由伸の登場で一気に新しい投法とされた。写真の投げ方は明らかに肘ではなく肩を使っている、どちらかといえばアーム投げに近い。肘の柔らかさではなく肩を中心に体重を腕全体に乗せ覆いかぶさるように投げる。
これが江川卓の投げ方になると肘が曲がって耳の後ろから手首が出てくる。
手が耳から離れたら駄目だとか、肘が下がったら駄目だとか、今考えたら何の根拠もない出鱈目理論で昭和の人たちは野球をやっていた。
自分も少年野球のコーチとして何とかそのことを次の世代に伝えたいのだが、周りのコーチの考え方が古くてどうしても浮いてしまう。なんとかならんものか。

やはり凄いな!日本人離れしている。
俺は南海ホークス以来のホークスファンだがチームより選手、今は朗希くん!
今は多少点を取られても構わない。メジャーのスカウトが見て惚れ惚れする魅力的な投球をすればいい。小さくまとまらないで。多種の変化球をコントロールよく操れるが点は取られないかも知れないが魅力半減だ。朗希くんには根強いアンチがいる。夏の甲子園地方大会を決勝戦を回避したからだ。しかもアンチのくせにファンのふりをするからタチが悪いが書き込みに朗希くんに対する愛がないからすぐに分かる。隠れ朗希アンチだ。目の前の一試合ももちろん大事だがNPB、MLBで長く活躍できるためには今何をするべきかも考えていただきたい。震災でお父さまを亡くされて、女手一つで育てられたお母さま陽子さんを剛速球で幸せにしてください。

順調に成長してるな。

大谷が一年目3勝で、2年目二桁、3年目に15勝でタイトルとったが、大谷の3年目ぐらいに一気に伸びそう。

打者だと村上がそうだが、高卒ドラフト一位の選手の育成は球団全体で数年間の方針必要だね。

大谷さんといい、この佐々木くんといい、総体的に白人や黒人に筋力で劣ると言われている黄色人種である我々から、こういうフィジカルエリートが出てくるのは素直に嬉しい。
壊れないで育ってほしい。だからこそ、彼を使い続けず休ませた高校時代の監督を尊敬する。

身体への衝撃もかなり大きいはず。
だいぶ身体は大きくなったけど、まだ細身の印象が強いから、怪我が怖い。
大谷みたいに肘や肩の疲労度が分かる機械を付けて体調管理をした方がいいと思う。

初回とはいえ、160キロ超えをあれだけ連発できるのはすごい。去年と比べてもストレート高めに浮かなくなったし、大変な投手になってきましたね。
あと、松川のキャッチング、これも投手はとても助けられそうてすね。

去年は150キロ後半のストレートに制球もあって、丁寧に投げていた印象だが、今年は160キロオーバーの剛球投手だよね。その代わりコントロールが少し悪くなった。3回と6回にわかりやすく四球から失点を献上。このピッチングが今シーズンは続きそうだよね。

この写真で分かるけど、腕の長さよ。

あとは打者に聞いてみたい。
スピードはあくまで数字かなと。
キレとか、インパクト時の重さとか。
質ってところでどうなのか。

まだまだ肉体改造していって、怪我の無い選手にもなって欲しい。このスピード出せる投手が関節のケガしたら致命傷ってこともありそうだし。

いつノーノーしてもおかしくない直球は球界随一
投球回数を懸念されるけど誰もが通る道なので時間の問題
来季メジャーいって更なる成長をしてほしいくらい

確かに速いけど、結構当てられてるよね。ただ速いだけじゃプロでは通用しないと思う。
速さにもう一つ欲しいところだよね。そして出来れば肩を壊さず長く活躍して欲しい

去年もいい球投げてたけど、今年から本格的に活躍しそうね。
1年あるしあまり飛ばしすぎずに、ローテ守って欲しいし、そうすれば結果は付いてくるような実力に思える。
細長さといいデグロームみたいになれるかな?

佐々木はメジャー行きを熱望されてるが行く必要はないと思う。メジャーはアメリカではほとんど人気ない。若い子たちの間では話題にもならないらしい。アメリカでは野球は廃れるのは時間の問題。日本ならまだ人気はあるので日本でプレして欲しいです。

今シーズン結構勝ちそうですね。
15勝なんてしようものなら、オリックス山本と日本球界のダブルエース襲名。

人間的にも落ち着いていてロッテファンでなくとも注目、応援してしまう投手。

たっぷり時間かけてここまでたどり着いた逸材。どうか怪我しないように。

スピードが速いというのは、相撲取りで言えば体重が重いということかな。
基本的なアドバンテージがあるのは言うまでもないが、必ずしも絶対でないところが面白い。

1980年代にテレビでスピード表示がされるようになって、150Kmが出ると凄いと驚いていました。それが最近、160Kmが出ても慣れはじめています。何年か後には165Kmにも驚かなくなる時代が来そうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる