来季は遊撃にこだわらず

来年のドラフトでは大学にいった同級生がプロ入りしてくるかもしれない。そろそろ結果を求められる時期になる。頑張ってほしい。

立浪監督が言うように、まずは打ってからでしょう。
守備は、外野は素晴らしいし内野もそれなりにいいからどこでもいける。
でも打たないと使えない。

まずは身体作りは継続してやってほしい。
同期のカープの小園と比べると身体の厚みが違う。
来シーズンも期待しています

ドラゴンズのスター候補の1.2位なんだから
頑張ってくれないとファンとしても困るよ。
守備は、内、外野どこでも守れるから、まず
課題の打力の強化だね。
内野なら、250は打たないとダメだし外野なら
それ以上280は必要になるね。
特に根尾選手は、まだ長打力がさほど期待出来ないから確実にそれ位の打率は確保することが
レギュラーの条件になりそうだよ。
中村紀コーチの指導で一皮剥けた根尾選手を
来シーズンは見たい。
大いに期待しているよ。我らの根尾選手。

他にもコメントあったけど
野手より投手向きじゃないかな。
三年間ほとんど練習してないけど、今でも投球練習すると本職みたいなフォームandコントロール。

今現在一流クラスと言える武器は肩ですよね。
下半身のバネと地肩の強さを生かせるのは投手だと思う。
球速だけでなく回転軸なんかも良かった記憶。
確かに最も適性あるのは外野守備かもしれんけど、外野レギュラーになるなら打率270の10本位は必要ですよね。

たしかにただでさえ水物の打撃が来季も芽が出なければピッチャー転向もプロで続けていくには有りなのか…?根尾が1番安定してパフォーマンス出せてるの、多分肩だと思うし…

同じ体のサイズで左だと阪神 近本、ヤクルト 青木、同じチームの大島洋平。藤川球児が大島や青木について解説していが、2ストライクに追い込まれてもそこからファールでカットする技術がある。それには速球に振り負けないスイングと選球眼が無いと。まだまだ根尾がそのレベルに遠いのは、プロの投手の球についていけてないのでは?

ブライトと鵜飼が入ってきてアリエルが外野挑戦、岡林もいる
まず狙うのはセカンドになるかな
内外野一通り守れるし打撃で外せないというレベルになればどこかしらでレギュラーとれる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる