『戦う目的を失った』とはまさにそれだ

『戦う目的を失った』とはまさにそれだ
竜は戦う集団ではなくなってしまった
これは今に始まった事ではないしもう何年も前からその感じがある
がっぷり四つなら気持ちの強い方が勝つ
竜はそういった場面でことごとく負ける
これは竜ファンも感じてる事だ

表には出てきてないかもしれないがチーム内の雰囲気も酷いもんだろな
首脳陣と選手 選手同士 
もう酷いもんだと思う
勝つという目的に向かって戦ってないんだからチームがまとまるわけもない

中日球団も酷いし既にプロ球団ではなくなってる感じだ

この悲惨な状態から脱するイメージがわかないしあと何年この惨状が続くのか…..

中日新聞社も竜を手放してくれないかな
本当にそう思う

谷繁の時から変わらないやり方だしモチベーション上がるわけないし!
まだ谷繁と森繁の方が愛があったかな?
与田と伊東は愛がない、早くNHKか読売に行ってください。
全ては10年前に落合監督を退任させたことが悪い、あれくらい練習しなきゃつよくはなれない!
補強もドラフトも大事だけど、使い方でいくらでも変われる。
勝てばマスコミもファンも静かになる、負ければ騒ぐし見なくなるし球場に来なくなる。
勝つことがファンサービス、改めてわかる気がします。

この期に及んでまだ育成に舵を切れない与田。来年の契約があろうがなかろうが、何か残してほしいもんだ。
由伸、金本だって次政権にお土産を残した。

最後まで与田からはいい人感は伝わっても、目指す野球は伝わらなかった。

J リーグが何故入れ替えを行うのか?それはモチベーションの維持です。最下位でもプロ野球機構に残るのだから、やる気も起きないでしょうね。そんな試合をお金払って見る側は白けるだけですけどね。この10年大した努力もせず、年俸だけケチってきたつけが出ましたね。中日新聞社は経営から撤退して下さい。それがファンの切なる願いです。

落合監督をいいイメージで勇退させたならともかく、時の球団社長が負けてガッズポーズしたり、優勝戦線にいるのに解任を発表したりとやっぱりおかしい球団だった。

よく戦力が整ってたとかいう人いるけど、3連覇を成し遂げた広島やあれだけ補強してもなかなか思うようにいかない楽天やソフトバンクを見てると落合監督がいかに凄いかがわかる。

叱咤、激励として言わせてもらいます。
バント失敗しても、タイムリーを打てなくても、三振しても全然悔しそうじゃない選手たち。一番は、監督が「全て私の責任」という割には悲壮感がない。発する言葉に重みがない。「政治家の国民の為に」と同じでそう言っておけば納得すると思ってる感じ。

日本にたった12球団しかないプロ野球チーム。プロチームを持ちたい大企業はたくさんあると思う。でも現在所有してる企業が手放すか日本プロ野球機構が増やす決定をしない限り新規参入する事が出来ない。そんな貴重なプロ野球チームだから大きな赤字でもない限り手放さない。チームを強くする気もないしファンは減ったとは言えそれなりに球場に来る。選手の年俸を抑えられれば大赤字になる事はない。中日新聞社はプロ野球チームを持ってる責任の重さをわかって欲しい。
ファンが応援ボイコットや新聞の不買運動しないと目が覚めないのか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる