根尾の投球練習に大きな反響「二刀流」熱望論が再燃

帯に短し襷に長し、というか中途半端に色々できてしまうのがかえって厄介。ソフトバンクの今宮も150超えの速球がありながら封印し野手に専念して今がある。焦らず力をつけるしかない。

少なくとも中日は根尾を内野で使うか外野で使うかはっきりしてから投手を考えるべき。
二軍で主戦ポジションが決まってない選手が一軍のレギュラーになれるわけはないでしょ。
小園や藤原とついた差は、ポジションをたらい回しで、課題の打撃に割く時間を浪費させているからだと思うがね。

もちろん、根尾がしたいことをするべきってのが前提だけど、
どうにも打撃センスが非凡ってわけじゃないし
配球を捕手に任せたり、教えてもらえる投手の方がいいかもしれん。
福谷みたいな考えて投げるお手本もいるし。
二刀流は大谷みたいな体格とセンスが兼ね備わってないと無理でしょ。

そもそも中日は根尾をどう育てたいのか全然見えて来ない。甲子園では投手かショートだったよね。
ショートとして取ったのなら京田がいるんだから慌てず二軍にいれば良かったし、打力活かして外野手コンバートなら平田の調子が悪いからレベルじゃなくて、大島をレフトかライトかに移動させてセンター一年任せるくらいの腹積もりしなきゃいけないと思うし。投手でも野手でもなんでもいいから、とりあえず固めて使ってあげてくれ…

二刀流じゃなく、やるなら投手専念でしょ。今のバッティングでは一軍でコンスタントに活躍するのは難しそうなので、投手への変更を考えてもいいのかもしれない。

まだ育成段階とはいえ、2軍で1割台じゃ話にならないよね。 投手を試したくなる気持ちは分からなくはない。 投手→野手に転換して活躍した選手は多いが、その逆があっても良いと思う。

いやもう理屈抜きで、伸び悩みを通り越して全く覚醒する気配がないのだから試せることは若手のうちにやってみればいいと思うのだが。
良かれと思った育成方法が成功していない現状は球団にも責任があるし打てないのなら打たんでいい投手という選択肢もあっていい。

二刀流じゃなくて野手としてうまく行ってないから投手の道も模索し始めてると言った方がいい
正直今の成績ならちょっとバッティングがいい投手でも残せるレベル

本人と球団で決める事だが足元見て無さすぎだと思う

根尾くんの性格を考えると野手で結果がなかなか出ないからといって投手に転向って自分の意思ではしないと思う!
しかし記事の通り彼の売りは地肩の強さで生まれ持ったもので鍛えてそうなるものでもない!
現実的に内野には上手い選手がゴロゴロいるしこのまま打てない外野の守備要員となってしまうのは勿体無い!
コーチ、首脳陣が投手転向を真剣に考えて本人も納得したうえでそうするのはありかもしれない!
だけど二刀流となるとやる事が増えてどっちも中途半端な器用貧乏になってしまうのでよくない
そう考えると大谷は別格のバケモンだ!

大谷の場合は投打どちらもずば抜けていて、とはいえ当時は二刀流なんて非現実的だったから、スカウト陣は自球団の懐事情を考慮した上で、「獲るなら投手(野手)で」と評価が割れていたわけで、
単に投手としての可能性に対して評価が割れていた根尾とは次元が違うと思う。

大谷は本当に奇跡の様なケースなので、各球団のスカウトも指導者も第二の大谷を見出したいなら、やはり大谷と引けを取らないレベルの才能を持った選手でない限り、安易に二刀流なんて提案しない方が良い。でなければ選手が可哀そう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる