京田は とうとうセンターから逆方向への長打が出だした。

京田は とうとうセンターから逆方向への長打が出だした。
凡退の内容も球数を投げさせた上でライナー性など次に期待できそうな打席が目に見えて増えた。
率は1番に座って以降も.250維持と言うところだが体感では.275分くらいの働きに思える。

極小得点の試合も何だかんだでホームに帰ってきてたのは京田だったりした。
さらに調子を上げて堂々の1番定着を目指してくれ。
向こうの木下も見守っているぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる