やはり、高校野球、甲子園を目指して……投げ込み練習過多?

やはり、高校野球、甲子園を目指して……投げ込み練習過多?
今は科学的練習も取り要れられてるらしいけど、あの時代の人は、投げるのが練習だったのだろう。
張本ジーは甲子園の級数制限に、それじゃ醍醐味がなくなる…そんな事をいってたしね。

ヤンキース戦の投球 力感なく前田らしくなかったので気になっておりました。今季はメカニックに問題あって安定したピッチング出来てなかったように思います。チームも下位に沈んでいるので手術となれば来季解りませんが万全の状態にして戻って来てほしいですね

キース・マイスターは、最近ではTBのタイラー・グラスノーのトミージョンを執刀した医師。MLBが依頼する医師だから当然だけれど、腕前は文句つけようがないレベルでしょうね。前田もスッキリ治して帰ってきてほしい。

トミージョンなら相当キツいでしょ。この年で来年全休なら復帰できるのは35歳。しかも復帰初年度はまだ本来の姿に戻らないことも多いから、そうなると36歳でしょ。そこから活躍できる選手なんてシャーザークラスしかいなくないか?

MLBではもはやトミー・ジョン手術はマストなのかな。避けて通れない問題というか。日本人投手だけでなく、名だたる投手が手術してるし。
ダルビッシュが以前提言していたけど、ボールの問題や登板間隔の問題を解決したら手術激減するんじゃない?NPBに在籍しててトミー・ジョン手術した選手ってMLBに比べてかなり少ないでしょ。村田と桑田が代表的だけど。
大谷の二刀流もそうだけど、MLBもいろいろ見直す時期になってきたんじゃないのかな。

アメリカのボールは手の小さい日本人には特に投げにくいと聞くし、日本みたいにマッサーもいないから回復も遅いのに登板間隔は短いし、肘を壊す日本人投手が続出するのはシステム上の問題だな。

アメリカ用のフォームでも作るか、契約で専属トレーナー帯同させるようにするとかする必要があるのでは。

神様は人間を創造するにあたり野球の投手の動作をさせることを想定していなかったととある学者が言っていたがどんなに医学が進歩しても投手の肘肩の故障率は実際下がらないんだよなあ。

松ヤニなど、滑り止め禁止から、ただでさえボール滑りやすいのに…投手にとったらキツイ
。ボールの選定からやり直して欲しいです。
様々な、利権があるだろうが。オリンピックで、使った滑りにくい、日本製のボールにして
欲しいものです。

日本と違い 変化球が多く 投手の基本 直球はそんなに重要でないのかも
それに ボ-ルの重さ 大きさ 縫目の糸も 微妙に違うし、打者のパワーも違うし
  日本人投手の 筋肉・骨も違い、投げる時の使い方も違うのかもね 
それにしても 90%の確率で壊れてる感じ 帰って来た田中も 以前の様な躍動感・
闘争心も 力も感じられない 医学的に解明できたら良いのにね

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる