本格派と呼ぶに相応しい投手だった。

本格派と呼ぶに相応しい投手だった。
最後の登板は急に球速が出なくなり、解説者が頭を傾げていた矢先に、マウンドにしゃがみ込んだ。
これが、最後の登板とは思わなかったな。
できたら、もっと彼の活躍が見たかった。

多分、これで一旦区切りをつけるんだろう。
忘れてはいけない選手だけど、引きずるのも良くないし。

準備にも色々かかったのだろう。
やるのは個人的には大賛成。

未だに信じられない。
数年前、読谷でリハビリを続ける木下のもとに、奥様とまだ小さなお子さんが駆けつけ、3人で歩いていたのを見て、ずっと応援しようと心に決めた。
それからは、勝手に私も家族の一員のように応援していた。
野球ファンになってから、こんな辛い事は無い。
一生忘れない。

故人を偲んで試合に臨むならば、勝つことが最大の供養。特に打線の奮起がなければどうにもならないので、意地でも打ち勝つつもりで対峙すべきかと。
大野雄大が金メダルを捧げた気持ちを汲み取って挑んでほしい。

頼む。この日だけは勝ってくれ。いや、勝ってくれなくてもいい。気持ちの入った熱いプレーを見せてくれ!2安打完封負けとかそういう負け方だけはしないでくれ!

追悼試合では、極貧打線も奮起して欲しいものです
親会社が全くやる気無いんで、選手もやる気を喪ってるんでしょうか
ピッチャーは奮起してますが

チームを強くする気が無いのなら、経営を手放して欲しいですね
ドラゴンズが好きなのであって、新聞社なんてどうでもいいです
私にとっては

雄介の無念さを想い必ず勝ってほしい。生きて野球ができる事を心の底から噛みしめてほしい。バッターボックスに立って蚤の心臓が顔を出し涙目になって凡打を繰り返す闘争心の無い野手たち、特にチャンスで打てない弱虫ども。お前の事だ・・・心当たりのある奴は気持ちを強く持って挑んでほしい。雄介の闘争心に満ちた目を思い出してやってくれ・・・

普通ならこうしたセレモニアルな試合で魂のこもったプレーを見られるのだろうが、今のドラゴンズにはそれすら期待できない。むしろ、たんぱくにあっさり負けて余計に白けるだけだと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる