60試合そこそこで首位から10ゲーム以上

60試合そこそこで首位から10ゲーム以上

 

二軍監督はフォースプロバイダー、一軍監督はフォースユーザなんだから、フォースユーザが望んでいる能力がなければ、フォースプロバーダーに送って能力を底上げしないといけないわけで、与田氏が一人でユーザーとプロバイダーを兼任できるほどの能力があるのかね?
日ハムの栗山監督のたまたま成功した例が多いから、それに憧れているのかね?
だけど成功したの例は本人の資質とコーチがきっちり働いたと言う面がある。
今のドラゴンズそのものが根尾に関わらず、意思疎通が出来てないから個々の資質の見極めも出来てないし、コーチ、二軍監督が働けていないから、60試合そこそこで首位から10ゲーム以上引き離されている今の惨状になっているのでは?

 

 

「・・いろいろ経験させて・・」との監督コメントだが、時々の代打要員でしか出番がない現状で監督はどのような起用法を考えているのだろうか? ベンチを温めさせる経験をさせているのだろうか? OB諸氏のアドバイスは参考程度に考えていればいいが、中日の将来の至宝を伸ばす経験をさせてほしい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる