入団する時、大阪桐蔭の監督さんが言ったこと

入団する時、大阪桐蔭の監督さんが言ったこと

 

根尾選手が入団する時、大阪桐蔭の監督さんが「投手なら意外と一軍が早いかもしれないが、打撃は苦労すると思う。」とマスコミに漏らしていたが、その通りになったと思う。本人の努力次第かもしれないが、王さんに荒川さん、イチローに河村さんなど伸び悩む選手には、専任のコーチがいるのでは。本人だけだと小さくまとまってしまうかもしれないので、是非検討してほしい。立浪さんが適任かもしれないが、契約できないのならば、臨時コーチに任せるべきではないので、誰か探してください。このままでは、石川、石垣、土田なども原石のまま終わってしまいそう。

 

 

こういう若い選手の起用法が「フィールド・マネージャーの一存」で勝手に決められる状況を見ると、残念ながら日本では若手選手を「球界全体の資源」とする考え方が乏しく、遅れていると言わざるを得ない。

怪我で出せないなら登録抹消すべきだし、結果が出ないなら二軍で調整させるべき。
一軍に置くなら試合に(ある程度は)出すべき。ずっとベンチを温めさせるなどは論外。
監督ってのは目先の勝った負けたの責任だけでなく、選手をまんべんなく効率的に起用するという責務もあるんですけどね。

 

 

いい勝ち方をした翌日ってまず勝てないよね。
この監督は勝ち負けに対する厳しさよりも優しさが勝ってしまっているから優しいが故の判断能力低下、そして実行速度が鈍麻している。
何を考えてるか理解できない、迷采配、などはその部分が強いと思う。
シンプルに、温情采配をやめて調子が上向きの選手に即切り替える勇気がこの監督には絶対必要。

 

 

西武ファンですが、普段セリーグの試合をほとんど観ないので、去年無かった今年の交流戦で久々に根尾くんを見ましたが、個人的にビックリしました。体つきが高校生の時と変わってないように見えました、1年目はほぼ2軍で1軍の試合には出て居なかったと記憶してますが、1年目は何をしてたのか?体力作りと練習、そして屋外での2軍の試合で、だいたいプロの体つきになってもいいと思うんですけど、線が細くてバットに振られているように見えました。やっぱりもう一度2軍に落として、ひとまわりパワーアップ、スピードアップさせてから1軍で使った方がいいと感じました。まだ若いですからじっくり育成させた方が根尾くんの為でもあるし、スターになる素質はあると思うので球団の為にもなると思いますよ。

 

 

この部分だけなら原監督の二軍と一軍を頻繁に入れ替える戦略は当たってるよね。
若手は調子良く結果を出している時は良いが、
壁にぶつかり調子を落とすと中々元には戻らない。
そこを見極めて二軍に行かせて再調整させ、また調子が戻れば一軍に戻す。
巨人だと今は重信、若林がそういう状態。
気付けば陽岱鋼も三軍から二軍に上げているし飴と鞭の使い分けが上手い。

与田監督は投手出身だから野手の事が分からないという部分が少しあるとはいえ、
流石に根尾選手については意固地になり過ぎていると思う。
巨人も、そして王者ソフバンも野手の育成には打席に立たせる事が重要と数字に出ていて、
それを元に二軍で多くの打席に立たせる育成方法を取っている。
暑い夏は二軍で打席に立たせて育てるべきなんじゃないかな。

 

 

 

23打席連続無安打で、長いトンネルからなかなか抜け出せないのに「使い方はいろいろある。一軍に置いているということは、それなりに何かを感じながら置いていることなので」とは、与田監督も悠長な。野球選手は「出場してなんぼ」でしょ。左手首が完治していないなら完治するまでは、登録抹消して直させるべき。一度痛めた箇所は騙しだまし使っていると慢性化して何度も故障する可能性がある、先がある選手だけに今の現状を憂慮する。

 

 

 

1年目の内容をみたら、将来性なんて元々なかったよ。
この結果は妥当。今のまでは10年続けても同じでしょ。
このまま戦力外でしょ。
・パワー不足
・動体視力も良くないじゃない?
・強く振ろうとすると、プロの変化の大きさに対応できず。

スイングだけは綺麗だよ・・・・昔の藤王選手を思い出すよ。

これまでのスタンス変えて、
内野の頭を越すくらいを意識して、力負けしないようにバット極端に短く持って、ボールを引き付ける。それが出来なきゃプロでは無理でしょ。

 

 

普通1軍で結果が出なければ2軍で再調整するのが当たり前でしょう。
あまり出番が無いのであれば2軍で出番を与えて調整していくのが良いと思う。
ファイターズの清宮がいい例で今季彼は2軍で徐々にではあるが調子を伸ばしつつあるし根尾も出番が多い2軍で鍛えなおしていった方が彼の為なような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる