【足革命】接戦では高松が生きる

【足革命】接戦では高松が生きる

 

今の中日に必要なものは高松のようなギラギラした覇気だ。
低迷している阿部にはそれが全く見られなかった。セカンドのレギュラーは安泰と思って慢心してなかったか。
平田もそうだが、二軍で砂を噛む思いで特訓してきたらいい。それでもダメなら中日には不要な選手ということだ。

 

 

高松は使い続けて欲しい。
左のサイドスローの投手の球もバントが出来たし、2番でいいと思う。
京田も8番でいい感じになってきたし、しばらく、このままで行って欲しい。
まさか、セカンド、阿部に戻らないよね?

 

 

脚が速いのは相手もプレッシャー
脚が速いだけで何かが起こる可能性がある
今度は巨人の鈴木や周東のように盗塁を警戒されても、盗塁できる選手になってほしい

 

 

一時期は二軍で荒木コーチにしか相手にされなかった高松が、今では一軍になくてはならない戦力になりつつある。

頑張れ高松!

 

 

東京ドームでスタメンで出て、守備が一番心配だったけれど思ったより見ていられた。
打撃面は流石にまだ弱いけど、球を見れてるしバントもできてた。大島が単打で出塁っていう場面はこれからも結構あるだろうから、特にそれが僅差の中盤・終盤だったとき、「バントしようと思えばできる」人が2番にいる方がいい。

 

 

やがては1番高松、2番岡林、3番根尾、4番石川、5番周平・・・っていう時代が来るんだろうな。
しかしそのためには選球眼を磨いて四球を選ぶことも必要だし、セフティであったり叩きつける打球を打つ技術も必要。つまりヒットを打つ以外の様々な「塁に出る」バリエーションを増やす必要がある。
ここぞという場面の代走の切り札という生き方も悪くはないが、守備でも足の速さは活かせるし、あくまでレギュラーを目指すならまだまだ克服すべきところは多い。しかし去年までに比べると格段の進歩だし、伸びしろも大きいと思う。

 

 

三塁コーチャーの役割のひとつにゴーかストップの判断があり、アウトになると批判の的がコーチャーに向けられる事しばしば
でもランナー自身の判断能力と走塁技術も大きく関係している
コーチャーもランナーもセンス(能力)のみならず、ある程度経験を積むことが必要な分野だけに、首脳陣は脚を売りにする選手をどんどん起用して選手、コーチャー共に経験値を上げ、スペシャリストを育てて欲しい
脚で金が稼げる選手…いいんじゃない?

 

 

バッティングでは去年の開幕前の練習試合のようにライナー性の打球を外野に打てると理想的。高松はパワーがあるわけではないから外野は前に守らせたいが、もし間を抜かれてしまうと三塁打が確定、下手するとランニングホームランになってしまうというのは相手にとっては非常に嫌だと思う。

 

 

足を活かす打撃を心がけて二塁や外野でも守れるとより一層幅は広がると思う。ただ、少し不器用なところがあるのかな。それも含めて魅力的な選手です。

 

 

若さで活を全体に入れてほしいねぇ~。高松も当然ながら、まだ2軍にもいますよ、育成の山下いいね!元気のない者は厳しく控えに廻して活をいれてほしい。!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる