根尾が京田よりも先にゴールデングラブ賞取ったりして

根尾が京田よりも先にゴールデングラブ賞取ったりして

 

MAX150キロの甲子園優勝投手だから、プロの外野手の中でも、肩もコントロールも最高レベル

 

 

打撃も頑張れ

 

 

本来ならショートがいいんだろうけど、与えられた環境で頑張ってるからよかったですね。
試合に出てナンボの世界だから今置かれてる状況からどんどん活躍して下さい。

 

大野とは言え、今の打撃陣だと先制点取られるのきついからなぁ。
今日の大きな局面になったかも。

 

日曜日の二失点目でレフトは滝野だった。

滝野のではなく根尾ならアウトだったなぁと思った。

打つほうではどっちもどっちなら、肩が強い根尾の方が優先になるかな。

 

 

 

ロッテファンですが。
そうなんだよ。根尾くんは元ピッチャー。ショートも良いんだが、外野からのレーザービームも見応えがあって素晴らしい。
落合さんが『根尾はセンター』と言っていた意味もわかる気がする。

 

根尾くんは練習も試合も見ていても、すごく真剣にやってる姿が本当に好き。
今年は練習の成果も出始めてこのまま一軍定着してほしい。
将来は立浪みたいな選手になってくれると信じてます。

 

 

元々甲子園大会でピッチャーやってたんだからそら強いわな。しかしそれと刺せるかは別物。きちんと守れたのは練習の賜物ですね。

 

 

 

やっぱり外野手向きなんだよ。
俊足強肩を生かしてレギュラー外野手に定着し、いずれはポスト大島でチームを支える存在を目指すのが、チームにとっても本人にとってもベストの選択。

 

 

本人はショートに未練有るだろうが、強肩で俊足で勘(野球頭脳)が良いとなれば第二のイチローも夢ではない。
ショートの守備の上手さはテレビの方が分かり易い場合も多いが、外野手の捕って糸を引くような送球の素晴らしさやワクワク感は球場でこそ味わえる。そう云うスターが外野にいれば観客動員数アップにも貢献できると思う。

 

 

走者は俊足の桑原。強肩、送球動作、コントロール、この3つが揃わないと刺せなかったケース。強肩の外野手は多いが、あそこまで素早い返球動作は特質もの。さすが内野手が本業の成せる技です。まさにパーフェクト返球、これぞプロです。

 

 

とにかく皆一生懸命やってることはドラファンは分かっている。でも調子の良い悪いは長いシーズンの中で誰もがある。だから調子の良い選手を使って調子の悪い選手は休ませる。
ファンが見たいと思う選手が増えているんだから、感情的にではなく、シンプルに調子の良い悪いでスタメンを入れ替えればいいじゃない?
平田と京田は調子が戻るまで、控えで新しい目線で野球を勉強して、もう一皮剥けてほしい。
ライト根尾レフト石垣ショート石川ってどうかな?ショート石川って、往年の宇野みたいにホームラン打てるショートって魅力的だと思うんだけど。必ずしも守備だけじゃないよ、プロ野球は!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる