MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

株式会社 斎藤佑樹 斎藤と田中の投げ合いは、高校野球史上でも記憶に残る大会でしたね。

Yahoo!ニュース
【甲子園】斎藤佑樹氏が始球式 「球児のみなさんへの敬意を込めて」左打者の内角高めへストライク投球(ス...  ◇第104回全国高校野球選手権大会・1回戦 日大三島―国学院栃木(2022年8月6日 甲子園)

斎藤と田中の投げ合いは、高校野球史上でも記憶に残る大会でしたね。 引き分け再試合。次の日も投げ合い、一点差の勝利で優勝投手になった斎藤。最後の打者は田中。 その後の二人は、みなさんの知る通りですが、 負けた田中がメジャーでも屈指の投手となり、大スターへ。 ドラマでもかけないような筋書きに出会えるのが高校野球。 さて、今年はどんなドラマと出会えるのか、楽しみです。がんばれ、高校野球児!

始球式の前に民放で優勝した試合を振り返るダイジェストが流れた。今見てもドラマチックで素晴らしい試合だったと思います。プロで活躍できなかったとか、現役の球児が見て齋藤さんに憧れるのかと、否定的な意見も見受けられましたが、甲子園の歴史に残る決勝だった…それだけで始球式に出られる価値のある方だと思い、そして今日もまたすばらしい投球だったとあらためて感動しました。15年の時を経て再びマウンドに立つ姿を見られた事に感謝します。

嬉しそうに、楽しそうに、懐かしそうに投げてたね。 あの伝説の高校球児のころとは体格も変わって、あのときプロに行かず大学に入ったのは「体格を作りたいから」というのもひとつの理由だったな、と思い出した。 とにかく、今日とても楽しそうにボールを投げ、観客席や審判、選手や関係者たちに何度も頭を下げていたのが爽やかだった。 観客席からも大拍手だったね。選手たちは緊張していたし、やはりこれだけ年数がたっても、記憶に残る選手だったんだなと実感した。

戦前から長い歴史のある高校野球。その時代、人それぞれの中に記憶に残っている選手、学校、試合がありますね。まさしく斎藤投手も甲子園の歴史に強く刻まれた選手であったと思います。これからも野球に携わる生き方で野球少年達に夢を与えてほしいと思います。始球式素晴らしかったです。

2006年のあの決勝は夏の甲子園史上でも最高レベルの名勝負でしたね! 斎藤佑樹さんはプロでは思ったほどの活躍は出来なかったかもしれないが、引退してからは未来の球児に夢を与えるべく素敵な活躍をされてると思います。 高校球児の頑張る姿は本当に胸を打たれます。 優勝目指してガンバレ!熱中症にはくれぐれも気をつけて!

ストレートは140キロ台後半で突出したスピードではなかったけど、既に全国レベルで知名度の高かった一個下の中田翔を手も足も出ないレベルで完全に封じ込めたくらい威力抜群 大学の途中で股関節やってからは、高校時代のような沈み込んで貯めを作るフォームが出来なくなって上体投げになったのが痛かった 上体の力に頼って肩も肘も故障したし

しかし優勝投手がプロ野球で長くやれない選手が多くいるんだよね?プロ野球で活躍したの斎藤佑樹では無く田中なんだよね?また田中はメジャーでも活躍している なんでかな~大谷も日本ハムだけど甲子園で優勝投手になっていない プロ野球で活躍したいなら優勝投手にならない事でしょう?批判は有るでしょうけど現実を見るべきでしょう?プロ野球に入っても肘や肩を壊して引退している選手が多くいる 打者でもそうです 騒がれてプロ野球に入っても活躍しない選手が多くいるでしょう?プロ野球で名前を残している選手は無名かドラフト外の選手が多くいるでしょう?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる