MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

ドラゴンズはMLBの筒香をとったほうが良い

自分を変化させて対応できなかった感があります。 メジャーの投手はストライクゾーンの外側に投げます。真ん中のボールはほとんどありません。 筒香選手は同じ試合に出ているメジャーのバッターと比較して、バットの届く範囲が狭く、スイングも遅いです。 残念ですがもうメジャーではチャンスが貰えないと思います。 日本球界に戻るべきでしょう。

そもそも速い球に弱く、遅い変化球打ちバッターにメジャーは無理。 150kmオーバーで変化するんだから打てるハズがない。 筒香と秋山がそうだね。 その点見極めてから挑戦するか判断すべき。

それでも米国であがき続けるのかなぁ? それを立派ととるべきかもしれないけど、結果が出た以上、受け入れるべきだと思うけどね。

結果的にこれからメジャー行く日本人野手に迷惑をかけたことになるね。 村上とかね。セリーグの打者は通用しないとか評価を下げてしまった。 誠也にこれから打って挽回してもらうしかない。

最低ランクじゃ、どこも拾ってくれないよ。 潔く荷物をまとめて日本に帰るしかない。 横浜が手を指し述べてくれると思う。

Yahoo!ニュース
筒香嘉智、パイレーツが自由契約に…他球団移籍を模索へ(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース  米大リーグのパイレーツは5日、筒香嘉智内野手(30)を自由契約とした。球団公式サイトが伝えた。3日にメジャー出場の前提となる40人枠から外れ、事実上の戦力外と...

日本時代から速球に弱かったが、それでもあれだけ打っていた元全日の4番打者が、ここまで通用しないとは思いませんでした。 筒香選手の場合は元々メジャー志望が強かったので、日本にいる時からある程度対策と言うか想定していたと思うだけに、それでも順応できないのが、残念と言うかレベルの違いを感じます。 青木選手は頑張って280ぐらいを安定して打っていましたが、それでも3割には届きませんでした。 それだけに、首位打者や盗塁王を取ったイチローや40H R打った大谷選手、3割30本100打点を打った松井さんの成績はより際立ちます。 秋山選手も残念な結果で終わりましたが、上記の3人が際立ってるだけで、基本的にはまだ日本の打者はメジャーだと通用する選手は少ないのが現実だけに、鈴木選手の今後に期待です。

結局、日本の野手で成功例は松井とイチローぐらいしか思いつかない。大谷は別格としても「大振りで速球が苦手」は日本にくる外国人選手と同じで、大リーグには通用しないのだろう。日本のように投げる球の半分以上が「変化球」の変化しきれない甘い球や速度を抑えたコースねらいの直球でなら打てるチャンスはあるかもしれない。もし大リーグの速球が打てなくても十分捉える事の出来る選球眼があれば、当然日本球団は争奪戦だろう。横浜は欲しいかもしれないが筒香選手が去った後の補強は終えているならポジションはない。また、本人の気持ちも送ってもらった球団にまた戻るのは・・・ むつかしい選択だなぁ

環境にいかに対応できるかってほんと大事だと思う。 打者は手元でキレキレに動くボールや長距離の移動など 投手でいえば異常に滑るボールへの対応など もちろん言語の壁や時差もあります 今メジャーで無双しているジャッジやバーランダーなどが日本に来ても環境が合わなければ並みの成績で終わる可能性もあります。 同じスポーツをしているとしても環境がガラリと変わるということは大変なことなんだと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる