MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

鳥谷に憧れてて鳥谷からグラブを貰って喜んでたという そんな鳥谷は最後ロッテだった

鳥谷に憧れてて鳥谷からグラブを貰って喜んでたという記事を見たことある。
鳥谷が好きな割には打撃スタイルが違いすぎると思うから、
鳥谷の打撃も見習ったらいいのに。
鳥谷はよく四球選んで出塁率良かったよね。
見習ってマネするべきはそこだと思うんだけどね。
兎に角、打撃に関する考え方を変えることだと思うけどね。
あとは聞く耳を持って、1つのことを1年間やり続けることだと思う。
キャンプの時の打撃フォームを変えずにやり続けるべきだったと思う。

ショートの守備は中日のなかでは一番だと思います。
しかし、本当に全力プレーをしていますか?と問いたい。

というのは、京田の内野安打が年々減っているように感じます。
新人の時には年間39本ありました。内野安打数のデータが見つからなかったので印象で申し訳ないのですが、先日の岡林のショートへの内野安打のようなシーンを見なくなりましたね。
事実、盗塁は激減しています。

もちろん体調面の問題もあるのでしょうが、新人の頃の研ぎ澄まされた走塁は影を潜めています。

いくら守備は良くても今のままでは総合的には三ツ俣の方が上。今の京田は守備固めしか使えない。

別に復活しなくて良いです。プロなんです。一年目から打率、走塁、得点圏打率等が攻撃面が下降の一途の選手にレギュラー与え続けた今までの監督がぬるかっただけ。守備が良いというが、打てない中日の打撃の足を常に引っ張るレギュラーを置いておける今までの監督が見る目がない。さらに打撃面の向上が見られないのに態度だけデカイ。この選手が必要な球団があるなら無償トレードで放出すればいい。やっとだよ。守備で助けられた?若手を育ててこなかっただけ。何年間ショートを無駄にしたんだよ。単なる守備だけの人にレギュラーさせて。

京田選手はファンも多くここ数年のドラゴンズを支えてくれた選手という事もあり憎めない面もある。
しかし監督との相性としては立浪ドラゴンズでは闘志剥き出しや粘り強い打撃を求められるチーム事情には全く合わないクールなプレイヤーなので打ちまくるかファンの支持を強く受けない限りスタメン復帰は難しいかもしれません。
京田選手が抜けた後個人的にはあ、京田だったらどう裁いてたかと思うプレーも多いのでもうひと回り大きくなってドラゴンズ、そして自分の為にも帰ってきてほしいです。

与田政権が京田を始めとして選手たちを競争環境に置かなかった事が今の結果を招いている。

立浪政権では一つのポジションに複数人を当てる、一人が複数ポジションを兼ねる。
そこで二塁は高橋周、阿部、遊撃は三ツ俣、溝脇、根尾、三塁は石川、高橋周と常に競争し調子が落ちれば変えられる。

誰も昨年は3割や2桁本塁打どころかシーズン通して働いていない、実績がないのだから。
その中で京田は余りに危機感が無く向上心もなかった。当然の措置だと思う。

守備も確かに上手いとは思うが、果たしてそこまでかな?と思う。イレギュラーのほとんど起きないドームだからこそで、土のグランドや風の影響があると意外にエラーも多い。守備は過大評価し過ぎな気がする。源田や坂本には劣る。チームにあっては一番かも知れないが、三ツ俣が今の状態続けられるなら明らかに三ツ俣だろうし、監督は守備だけでOKと言うが、投手に打たせているのにそうも行かないでしょ。

暖かく見守ってれば例年通り2割5分に収束はいずれしたんだろうけど・・
4年連続で規定打席をクリアしたと言っても常に打率ワースト5以下。
率以上に印象の悪い打撃内容が一向に変わらないのにビハインドはおろか
勝負所にもまともに代打を出せないんじゃいくら守備が良くても風当たりは強くなるよ。
立場なりの起用を受け入れるか、一から打撃を作り直してぐうの音も出ないほどの
成績を上げれるようになるまで下で必死に取り組んでほしい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる