MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

「ピッチャー根尾」で賛否 ネットの反応分かれる「見たい」「どう育てたいの?」「複雑」

Yahoo!ニュース
「ピッチャー根尾」で賛否 ネットの反応分かれる「見たい」「どう育てたいの?」「複雑」(デイリースポー...  「広島10-1中日」(21日、マツダスタジアム)  中日は2戦連続の大敗で、4連敗を喫した。

本人が二刀流をしたいと望んだのだろうか,それなら本人意思を尊重したいが。 二刀流は夢が有って良いと思うが二刀流は体力面精神面での疲労がかなり高いと感じる。 大谷選手の二刀流は別次元,根尾選手の二刀流を見てみたい気もするが自身の選手生命を縮める可能性も否定出来ないので中日の首脳陣,スタッフの皆さんには,充分過ぎる程のケアをお願いしたい。 それと今日の登板NICEピッチングでしたストーレートにキレが有り小園との対決は同期という事も有りワクワクして見ていました。 この先も同期と対決見てみたい気もしますが,二刀流目指すなら体力面を強化して二刀流に挑んで欲しいと思う面も有ります。 また根尾VS小園を見たい! 広島ファンながら打者としても投手としてもポテンシャルは秘めていると思いますのでこの先も応援してます。

根尾も4年目22歳、これまでプロ野球選手として確固たる成績を残せていない選手です。出場機会を求めて様々な可能性を試す事は当然な流れだと思います。緊急時には投手もできる、もしくはリリーフとして計算できるというのはベンチ入りメンバーに入る上で武器になります。一軍にいれば代打や代走など野手としての出場機会も巡ってきます。今の根尾の立場を考えればリスクを冒すべき時期なのではないかと思います。

今日の試合に限っては三連戦の二戦目で、どの監督も中継ぎをつぎ込みたくないと思い悩む状況であった。これが日曜日なら月曜は試合がないからとつぎ込めるけど。
根尾のピッチング自体は、マウンドが硬めのマツダで一軍初登板って事もあってか真っすぐが中心になったけど、解説の安仁屋さんがいうように変化球でもカウント取れ始めると、さすがに先発はないだろうが浅尾の様な中継ぎになるんじゃないかと思う。
あとは中継ぎで入ってその裏すぐ打席が回ってくるようなら根尾をそのまま打席に向かわせればいいし、やることはDHありと同じだから継投を考えなくて済む。
とはいえこれは完全な理想論だから、やっぱり片方に縛って大きく育ててほしいかな。

打撃に結果が残ってるなら、野手で使い続けるだろう。坂本勇人だって、当初は守備なんて褒められたもんじゃなかったからね。
でも、守備は試合に出て成長する事もできる。しかし、そこには打撃で結果がある程度出てなきゃ使いづらい。
ならば、高校時代に投手経験のある根尾だからこそ何となくの二刀流をやらせている。
これで、投手として結果が出るのであれば二刀流ではなく投手として…ってなるんだろう。
二刀流としての器は無いと思うからね!

こういう使い方はベンチにいるからこその起用であって、レギュラーとして試合に出ていたらいくら大量ビハインドの場面だったとしたら使わないだろう。
彼にとっては今は試合に出ることが大事なので良いかもしれないが、先々のことを考えるとレギュラーポジションを確保することが一番大事だと思う。

今年は敗戦処理、もしくは大量リードの場面限定だろ、ケガは心配だが限定的な使い方ならいいと思う。
野手で今一つ結果が出ないと見ての事で来年は本格的に二刀流として鍛える方向じゃないの。
ショートを競いつつ、怪我なく頑張って欲しい。

というか、根尾のスケールで二刀流してどれだけの旨味があるのかって話。
本人の意思を尊重するとか、可能性を潰えさせないとか、色んな意見はあれど、根尾はこれからプロとして生き残る為に磨いていく武器は二刀流ではないやろ、とは思う。
二刀流は結局、年齢制限もあっていずれは一つに絞らないといけないし、大谷と違って壮大なスケールでプロ野球に風穴を開けられるだけの能力はその身体には宿してないやろ。
まだ若いとは言っても下積みの差は、歳を取ればとるほど巻き返すのは難しいやろうし、できれば根尾は野手一本で見たい。ショートか外野かはチーム事情によって変わってくるやろうけど、そこも絞れるに越した事はないよなぁ

チーム事情があるのだとは思いますが、シーズン途中での二刀流開始は、怪我する可能性があり、危険かなと思います。もし二刀流をするなら、シーズン前から準備すべきですし、それが出来ずシーズン途中から二刀流を開始するのであれば、投球は軽く投げるのが安全かなと思います。

投手として使ったところで今日のような敗戦処理の時なくらいしか使わないと思う。
そうなってくると、やっぱり複雑な思いはある。
しかしながら、投手をやることで「こんなんされたら嫌だな」とか打者としての駆け引きに今後活かせるのなら悪くはない方法の一つだと思う。
負け試合観にきちゃったお客さんも盛り上がるだろうし。
でも、投手はもちろん、打者として中途半端になった時に結果だけを見て色々叩く人が出てきそう。

結局はバッティングが良くないからたらい回しになってるだけ。バッティングが良ければ守備は少々目をつぶってショートで起用できるはず。
まずはバッティングを磨いて欲しい。
そして立浪レベルのスターになる事を期待しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる