MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

外野の層が嬉しい誤算で揃った事と、京田の打撃の調子があまりにも酷いのと、土田が伸びて来なかったことによりショートの層が薄い。だから根尾昴

外野の層が嬉しい誤算で揃った事と、京田の打撃の調子があまりにも酷いのと、土田が伸びて来なかったことによりショートの層が薄い。
そして何より以前より根尾の打撃が固まってきつつある。その為に使ってみたいが使えない状態になってしまったことが根尾ショートという形になったんでしょう。
打てるならどこでも使いたいとなるのはおかしいことではない。
あとは本人が結果を出すかどうか。元より打てないと使わないと言ってますから、このチャンスをものにしないとね。
結果がでなければ消えていく世界ですから。時間がかかればかかるほどチャンスは少なくなるだけ。

この再コンバートは迷走などではありません。根尾選手をどうやって使うかを考えた上での首脳陣の英断です。と同時に京田選手の遊撃は聖域ではないと宣言したようなもの。他のポジションと同様に調子の良い方を使うという判断でしょう。
根尾選手に一本ヒットが出たことで、調子が悪いから落としたのではなく、遊撃手としての再調整のためと理由が付けられました。
この先、遊撃手としても外野手としても起用されるでしょうが、根尾選手にとっては試合に出ることが大切。レギュラーの足掛かりとなるシーズンにしてほしいと思います。

他の方々のコメントにもあるが迷走はしていない。バットで結果が出れば開幕から外野スタメンもあったが岡林、鵜飼の方が結果出ていた。ショートにしても守備を見れば京田の方がまだ上だし経験もある。結果、京田も打撃でも調子出てないしショートでもう一度勝負させようという結論に至った。立浪監督も言っていたが状況によって変わるものだと思う。

何でもできるが、外野守備以外は全てプロ平均以下のレベル

本来なら外野の守備固めという戦力なのだろうが、そんなワケにはいかない選手

投手にしてもショートの守備にしても打撃にしても、一軍のレギュラーにはほど遠い

どれかに特化して技術を磨かなければレギュラーになれそうにないけど、どれにマトを絞るのか?というのもハッキリできない

高校時の活躍をゼロにして、一からプロでの適正を見直すのがいいのだろうが、本人にその判断ができるかどうかだろう

根尾も正直ガッカリではあるが、同世代の小園、藤原、吉田なども特に活躍している訳でもない。つまり世代的に実はたいしたレベルじゃなかった、という事もあるのではないか、と思う。下の世代がすでに出てきているのもあるけど、同世代ではまださほど遅れている訳ではないから、まだ巻き返しは出来ると思う。京田も大したもんじゃないし、全然やれると思うから頑張ってほしい。

京田の打力が想定以上に悪かったということ。立浪監督から、根尾には今ならショートの方がチャンスがあるから頑張れと、京田には擁護はしつつこのままでは根尾にレギュラー取られるぞと、プレッシャーを。わかりやすくていいと思います。
根尾の2軍降格はショートとして場数を打席数を積ませるため、結果を出せば1軍昇格とショートスタメンでしょう。
根尾には結果を出して、ショートスタメンを見てみたいし、京田の奮起にも期待。

^迷走ではない。想定以上に鵜飼がモノになりつつあり、かつ岡林もそれなりの結果を残している。そんな中でいくら根尾が結果を残しても、大島、岡林、根尾の外野では同じ様なタイプが3人並ぶことになりチームとしてのバランスが悪くなってしまう。そんな中京田の調子が悪く、もしその京田が怪我でもしたらと考えると、そこに根尾が入ることが出来ればチームとして大きくバランスを崩す事なく試合が進められます。そんな先を見据えての方針転換ではないでしょうか

迷走ではなく山崎さんも最後に指摘しているけど、結果的に根尾が競争に負けたということ。
本当に育てようとしている選手は石川のサードを筆頭に岡林にしても鵜飼にしても外野で固定して我慢しながら使っている。
逆に根尾はかつて後の首位打者鉄平でも出る幕が無かった福留・アレックス・井上・英智に森野も伺っていたような外野ではなく大島以外にレギュラーのいない外野の競争で岡林・鵜飼・アリエル・平田らに負けたのだから仕方がない。我慢も何も同世代の選手にも負けて我慢する対象にもなれなかっただけのこと。
そのような選手だから確率の低いところでの一発逆転にかけるしかないのも仕方がない。確かにショートは攻守ともにレギュラーと言える選手がいないという意味ではチャンスだが、守備力が求められるポジションで膝が堅くて足の運びがぎこちない根尾が京田や土田に勝る可能性は低いがそれも競争に負けて流れ着いたのだから仕方がない。

山崎氏の言うとおりずば抜けた守備力があったから京田はあの打率1割でも使い続けようと思わせたとも言えるね。

だからこそ、根尾選手は遊撃の守備でも彼に負けない選手になるか、打撃を開眼させるるかのどちらかになる。手っ取り早いのは後者だ。

彼にはタイミングの取り方さえ掴めばクリーンアップも打てる素材ではある。自分はまだまだ福留孝介や小笠原道大のイメージを彼にはもっている。

一方でソフトバンクの今宮みたいな選手もいるからね。京田より打率は高いものの打撃より守備が評価されている選手もいるにはいる。

どちらにせよ、根尾が割って遊撃に割り込んでくるところを早く見たい!

根尾については、未練を残さないという意味での外野手登録であっても、打撃練習の一環で内野での捕球練習はあるし、内野手の送球練習の為の外野練習はされている。それに、外野守備については、既に及第点を貰っている。だからこその外野手登録だという事もある。であれば、ショートでの実践経験を増やすという意味での登録抹消では無いだろうか。

根尾は外野に専念させると明言していた手前もあって、遊撃再コンバートにはこの記事のような「迷走」という批判が出ることも容易に予想できたはずだが、それに憶さず早期に英断を下したのは評価したい。
根尾に限らずだが、立浪には素質ある若手を一人前の野球人に育てようという信念があると思う。
その思いを活かすも殺すも選手自身、ファンも根尾の成長を信じて待ってるから奮起して欲しい。

難しいな。人気選手でなければ、ショートのまま、二軍暮らしだったろうに。プロの選手はほとんど光るものがあって、入ってくるんじゃ?
それが期待できて、課程もあれば使う判断もできるのでは。
根尾は努力家だし、頭も良いけど、プロとして発揮できるか、正念場のような。是非、やりたかったショートで健闘を。

京田と競わせたいといいつつ二軍に落としてしまった。
根尾の代わりに上がってくる選手が活躍した場合、一軍に上がる機会がまた遠のくし去年も二軍である程度結果を出して上がってきても1軍では活躍できなかった。また同じ結果にならないかとても心配だ。あと2軍はコロナが出れば試合中止ばかり、ほんとに2軍でいいのだろうか。ちゃんとした指導者をつけなけば変わらない気がする。 2軍の試合で本物の投手が打てるようになるのか登録抹消せずとも、親子試合で一軍にいてほしかった。根尾は努力はしてるのだからきっかけをつかむチャンスをもっと明確に上げてほしかった。今年は京田がケガしない限り出れないでしょね。2軍に慣れたら1軍ではたぶんまた打てない。そう思っているは私だけでしょうか?

まぁ、この状況を「臨機応変」と見るか、「迷走中」と見るかは、悪意の有無の差だと思うけどな。
根尾は、まだレギュラーではないし、ポジション争いしてる中でも1番手でもない。
そういう立場の選手が複数ポジションに挑戦するのは、むしろ当たり前のこと。
根尾が「内野もやる」となれば、1軍に居る内野の控えの選手にも刺激になるし、ファームの若手、土田や星野あたりも、1軍に上がる為、試合に出る為に、もっと必死にならざるをえない。
チーム内の競争を活性化させる意味でも、悪いはずは無い。

外野のレギュラーポジションを取れていればこうは書かれなかった。結局は実力不足でしかない。
ただ根尾も常々言っていたショートレギュラーのチャンスが来たことは確か。ここで打でアピールしたいね。今の京田と似たりよったりの成績なら守備の良い京田で良くなる。京田が危機感を感じてバッティングが良くなればチーム力の向上になるし悪い事は一つもない。二人とも頑張ってほしい。

根尾の実力不足につきるけど

外野一本の予定だったが嬉しい誤算で、苦戦すると思われた外野手がなんとか4月を乗り気った。

岡林や鵜飼が疲れて入れ替わりで根尾が入るというのも一つの策だけど、

根尾は器用な部分もあるので、それだけでなく、京田が苦戦しているわけでそこへのカバーも出来るようになれば出場の幅が広がる。

2通りの道が出来た。これを中途半端となるか、選択肢が増えたとなるかは根尾次第。

ただ投手との二刀流とかマスコミのオモチャにいじられる愚策よりはいいと思う。

森野や荒木もいろんなポジションを経てレギュラーになったし。

同じように期待された堂上は愛される選手だけど、今は二軍で塩漬けされてる。どっちになるかはわからないが。

迷走でもいいから結果が全ての世界なので、打って結果出すだけ。

それで他の京田、鵜飼、岡林がヤバイと感じさらに一生懸命やればそれでいい。

迷走とは違うきがしますね。
今年のドラゴンズは、外野が豊富で、この好調な時に、まだ調子の悪い根尾を使い続けて、大事な時に打てないではチームが負けてしまう。まずは一回2軍で試合に出て、調子を上げて、内野外野どちらでもチャンスで出れるよう、調整してくれたのでは?
立浪監督は、決して見捨てないと思うので、とにかく結果を出していって欲しい

根尾選手については、一部で頑固一徹、打撃指導には、話しは聞くが納得出来ねばスルーとか良く聞くが、もうこの際2軍に落としたからには、本人の好きにさせて放任して見てはと思う。今まで寄ってたかって打撃改造してきたけど本人もパニックてるはず。遊撃手として再出発の機会を与えた訳だから、後は本人次第、2軍でも打撃指導は無し好きにやらしてあげたら良いのでは。それで駄目ならそこ迄の選手だったと球団はじめ首脳陣、ドラファンも納得するはず。

根尾が外野手一本になった理由は、遊撃手として守備力が酷すぎるから

それから大して内野手として守備練習をしていないのだから、守備力が上達していないと考えるのが普通だと思う

内野手として厳しいと思われたから外野手一本にした

その選手がやっぱり外野手が厳しいからと言って内野手に戻しても、レギュラーに近づくわけではない

むしろ内野手でも外野手でも一軍には遠い事が判明しただけ

立浪監督は迷走していないと思う

根尾に対してプロ野球選手として失格の烙印を押しただけ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる