MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

吉井理人氏、佐々木朗の161キロ初球に「ひっくり返った」「どこが調子悪いねん!」

Yahoo!ニュース
吉井理人氏、佐々木朗の161キロ初球に「ひっくり返った」「どこが調子悪いねん!」(デイリースポーツ)...  野球日本代表「侍ジャパン」の投手コーチで、ロッテのピッチングコーディネーターを務める吉井理人氏が10日、自身のブログを更新。10日のオリックス戦で、日本最多タ...

この日の佐々木は160キロの速球で追い込み、フォークで仕留めるという組み立てで三振の山を築いていった。吉井氏は「ほぼワンパターンだった」としながらも、「それで、完全試合、他の変化球を覚えたらどうなるのか、めっちゃ楽しみです」と無限の可能性を感じ取っていた。 吉井さんの言う通り、ストレート・フォークで三振の山を築けるのが凄い! それと堀内氏の指摘しているように、無駄なボール球が無いから、球数が増えないというのも凄いと思う。 あの速球でこれだけ背球力があるなら、充分メジャーでも通用すると思う。 怪我だけは気を付けて欲しい。

吉井さんは、権藤コーチのもとで抑えのエースになり、
仰木さんのやり方を学び、
佐々木投手と同じようなスタイルの野茂投手がブレイクするのを見てるが大きいよね。
仰木さんも野茂さんを変えなかった。

さらには勝てなくなってヤクルトにいって野村さんの教えでスタイルを変えて
復活。さらにはメジャーでも十分に通用する実績を作る。

さらにさらには勉強家であり大学の先生に教えを請い、運動のメカニズム、コーチングを学ぶと。

佐々木朗希投手はこの方がはじめにいてくれたのは、本当に大きかったですね。

投手の「調子が悪い」は参考にならない気が。

槇原さんが二日酔いで完全試合を達成したのは有名な話。調子が良くても打たれる日はある。逆に余計な力が入らず、目の前の打者に集中できることもあるのでは。

高卒3年目、初の開幕ローテーション入り、初の中6日での登板で、初完投が完全試合って…

「速球とフォークだけで」と言えば、野茂さんと佐々木さんも同じ。NPBで無双してMLBでも新人王を取り、野茂さんは2度ノーヒットノーランをやった。

他の変化球を覚えれば(スライダーとカーブは投げていた)投球の幅は広がるのだろうが、今は160キロ超のストレートと140キロ後半のフォークという絶対的な軸になるボールだけで十分。

まだ「末」恐ろしいという言葉を使うべき年齢だが、既に十分恐ろしい。

他の変化球を覚えるてのも今の時点ではどうなのかね?よく言われるのがわかってても打てない球はストレートだと。その上この日対戦したオリックスの選手はストレートとフォークを腕の振りでは判別できないと言ってた。さらに普通ストライクゾーンの高さに落ちてくるフィークはあまり落ちなくて半速球の状態になるのに、佐々木のフィークはストライクゾーンの中でも凄い変化すると言っていた。中途半端な変化球覚えてリズム崩していくならこの球が投げれる間は打てない球の組み合わせだけでいいと思うんだよね。

近鉄で抑えとして台頭しタイトルを取ったが、起用に不満を持ち先発へ転向。今一つ勝てなかったが、ヤクルトに移籍して先発投手として開花。メジャーに挑戦してローテーション投手となる。日本球界に復帰後はしばらく勝てず、さすがに引退かと思われたところで投球術を磨き直して復活。引退後は大学院で学び修士号を取得・・・現役時代の投手としてのあらゆる経験に加え、大学院で学んだことによる学識・・・今の球界において、投手コーチとして最上の人材という他はない。

今回の活躍は吉井さんの育成もかなり役に立っていると思います。
周りからは過保護やロッテは育成が下手など言われていましたがしっかりと結果で
見返したと思います。
佐々木選手の今後の成長のためにもまだまだ指導頑張ってください。

吉井理人さんも相当苦労と努力をしてきたんだろうな
理論がしっかりしてて、考えて野球をやってたんだろうと素人ながら感心します
佐々木朗希というとてつもない素材を預けられ、プレッシャーも計り知れなかったろうけど、ひとつの答えが出たと思う。
こういう教えられる人材を大事にしてもらいたいと思う。

彼のレベルだと調子関係なくボトムレベルで抑えられちゃうんでしょうね。調子悪くて出来ることが限られてる方が集中してかえって上手くいくみたいなのもあるかもしれない。
長身から投げ下ろして低め一杯にズバッと決まる160km超のストレートだけでも打てないのに、それと全く同じに見えて落差も大きい145kmを超える高速フォークがある訳だから、それだけとは言え到底打てそうにないですよね。そこに効果的にカーブやスライダーも使っていた配球はお見事でした。

調子が悪いってレベルが違うんでしょうね(汗) 一年目はあまり登板させなかったとか、ロッテの育成方針に批判が出たりしてましたけど、その育成方針で大正解だったですね。素質に、ようやく身体が付いて来たって感じで、これからどれだけのピッチングするのか楽しみですね。早速完全試合やってしまったので、これより上は27個のアウト全部三振でしょうけど、いずれやってしまうんではって思ってしまいます。

メジャーを経験した井口監督に吉井さんという組み合わせじゃなければ、この完全試合もなかったでしょう。ミーティングや球団から投げさせろという圧力は0じゃなかったはずなので、そこをよくぞ抑え込んで日本の宝といえるピッチャーに育ててくれました。
まだまだ育つと思うので野球ファンとしては楽しみです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる