MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

根尾 緊急のブルペン待機! SNS上でもファンが話題に

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ここ数年は荒木、森野のように高卒野手で比較的年数がかかって主力になるタイプが多かったので、ファンも高卒野手に対しては寛容な人が多いと思う。 今の時点で根尾自身も焦る必要はないと思うけれど、最近の根尾の起用法を見ているとどのように使いたいのか育てたいのかという所が見えてこない。 スタメン出場した横浜戦でもヒットこそなかったが内容自体は良くもう少し様子を見たいと思ったらその後は代打も途中出場もなし。 焦る必要はないとは言ったものの岡林もそうだし他球団では彼と同世代の選手はチームの主力に成長している人もいる。 現時点で成功か失敗かは判断できないけど堂上、平田、高橋周平と大物高卒野手を育てることには苦労してきた過去があるため、今の彼の使い方には疑問を感じます。

8回に勝負に出て欲しかったけど、それが潰れて以降もチャンスを作る事ができたことは最近にない良い傾向。
チャンスが多くなれば、1回や2回潰してもまた作る事ができるという心の余裕ができる。
今までの中日は「少ないチャンスをモノにする」と後ろ向きの発想をチームだけじゃなくファンまで望んでいた異常な状況だった。
その負の思考を打破できれば一気に優勝争いできるチームになる。
立浪がそれを意図しているかどうかは知らないが、失敗してもまたチャンスが来る雰囲気が感じられる。

「チャンスはモノにするものじゃなくて作るもの」

野球は確率のゲーム。

立浪監督の柔軟な考える方は、素晴らしいと思う。ただし、根尾選手には話して納得して二刀流で良いと思う。状況に応じて調整するのも一般社会でも同じで臨機応変に作戦を立てて実行するのが責任者、監督だから、当然責任を問われるが、実行する勇気が必要です。
どうせなら、京田の代わりにショートで使って欲しいね。外野、ショート、ピッチャー、臨機応変に使って欲しい能力のある選手だと思うからね!

勝ったから良かったが、攻撃面では、相変わらすチャンス場面で打てない。
与田前監督の時から、そうだったが、
ノーアウト2塁、ワンアウト3塁や1,3塁で、ことごとくダメ。
犠牲フライやゴロ進塁打を徹底して、1点をもぎ取る野球しないと。時には、スクイズも必要だ。
投手では、またもや福がヘマをしでかす。
ノーアウト1塁で、バントのゴロ方向が投手の正面なら、2塁送球はあり得るが、
3塁方向に転がるバントを、無理な2塁へ投げて野選、逆にノーアウト1,2塁で、3塁へ投げれば余裕でアウトを取れるのに、躊躇して1塁へ。バント処理が下手すぎる。
他には、先日でも、ランナー3塁での挟殺プレーで時間かけすぎ。偽投して、追い込まないと。
いずれにしても、選手個々は、もっと頭を使って考え、監督・コーチは指示を徹底させないと。
立浪監督の今後の厳しい采配に期待している。

現時点の実力はともかく期待の若手とは思えない扱い。打席も与えられず 出場しても結果も出ず。今の根尾の力で一軍に置いてては本人が自信を無くすだけじゃないかな?現状外野手としての根尾のストロングポイントは肩。今の根尾を一軍で無理に使うとするなら終盤の大事な場面でのタッチアップ阻止の為の守備固めだと思う。自分的には根尾はショートに戻して ファームで力を付けるべきだと思う。自信が持てる様な結果を出せない力不足も有ると思うが 石川にしろ根尾にしろ自信不足というメンタルも大きいと思う。

ライバルとの違いは打率、打点だろうか打率は甘い球は前に飛ばない難しい所は必ず振っていく、そこを凡退すると悔しいイメージとしてそこに集中するんだろうか、しかし他の職種もそうだが出来ることをする方が遥かに効率が良い。甘い球はヒットにもホームランにもなる、そこで7割失敗してもスターなのだから。

予期していない延長12回かもしれないが、根尾の投球練習は仕方がないことではなくて、投手を使い果たした采配ミスで、登板していたら大恥だった。今後はあってはならないことで、投手起用の可能性のために野手としての出場が制約されるなら本末転倒だ
監督が代わって理にかなった選手起用を期待していたが、1割バッターが先発を続けていたりとか、3カードが終っていない段階で失望に変わってしまった

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる