MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

やっぱりMLBすげー だって秋山翔吾クラスで年俸9.5億円

Yahoo!ニュース
【MLB】年俸9.5億円の秋山翔吾がチーム内3位に“浮上” 主力放出のレッズでランキング大変動(Full-Count) ...  レッズで3年目を迎える秋山翔吾外野手は、今季チーム3番目の高額年俸選手となる。チームはロックアウトが収束してから、相次いで主力選手を放出し再建モード入り。秋山に...

大幅なペイロール削減を選んだけど、ナリーグ中地区は今季もイージーシーズンなので このまま開幕してしばらく争ってみて、行けそうならスラッガーをトレード獲得等するかもしれない。 プレーオフ進出争いが続くうちは、秋山は「結果を出せていれば」切られない。 もしプレーオフを諦めたら、その時点で即切られるよ。資金力に乏しいレッズが年俸安くない高齢の秋山と再契約することは絶対ないしファームに力入れてるし、若手に置き換えられる。 放出された場合、もう守備で選ばれる力は無いから、打撃で猛アピール出来てないといけない。 まぁどこもメジャー契約してくれないだろうし帰国になると思う。 とにかくやるべきはレッズのプレーオフ進出に貢献することだね。

プロ野球で活躍した選手は「俺はメジャーでも通用する」と思うのでしょう。またそのくらいでなければ活躍できない世界なのでしょうし。

実際に活躍できるのは松井・イチロー・野茂・松坂・田中・大谷など日本で異次元の活躍をした選手ばかり。

それでも一度きりの人生、挑戦したいのでしょうか。

MLBの投手の球速、変化球、動く球についていけてないということは動体視力がついていってないということかも知れないですね。青木選手や福留選手が成績をNPB時代よりかなり落としていたのはありましたが、打率2割前後、本塁打0は全く通用してないとしか言えないので。残念ですね。鈴木誠也は国際大会でも苦にした投手は少ないので活躍は期待出来ます。

バッティングは下手するとピッチャー以下。
走れば盗塁死。守れば守備指標マイナス。
当然WARもマイナス。そもそもすぐ故障。
来季34歳で上がり目なし。

…どうしたら良いのか?引き取り手もいないだろうし。
勝負期を台無しにされたレッズはこれからチーム解体、低迷です。

毎年レギュラーで安定した青木だって、最高で7億くらいまでだったかなと記憶しています。代理人は凄いな。今年、秋山が去年までと同じような成績なら、井川、中島と肩を並べられる不良債権になる。金の余裕があまりないチームで約10億円の守備要員とは。

秋山は活躍したとしても〜
来季のメジャーは無いでしょうね。普通に考えても…
今季活躍でも〜来季はマイナー招待でしょう。
今季(目を見張るような)大活躍で〜やっと〜単年or(+オプション1年付)の契約が獲れる迄でしょうね。
まぁ〜今季もダメなら〜夏前にDFA必至かもしれません。

詐欺のような年俸だな。
日本だとメジャー帰りのマー君を除いて、一番高い年俸でも6億ぐらいでしょ。秋山で9,5億も貰えるんだからそりゃメジャーを目指したくなる気持ちにもなるわ。秋山の日本時代の年俸は覚えてないけど、2億ぐらいだと仮定したら活躍しようがしまいが1年で4年分以上貰えるんだからな。

秋山をトレードに出すつもりが
引き取り手がないから、率は低くても長打力のある
スアレスをトレードに出したのが実状。

この位置を理解した上で
開幕ダッシュをしないと8月には
成田空港にいるかもしれない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる