MENU

積極的にいって結果が良かったですね。逆に初球ストライクを打って凡打することもあるでしょうが、これを続けてもらいたいです。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。


積極的にいって結果が良かったですね。逆に初球ストライクを打って凡打することもあるでしょうが、これを続けてもらいたいです。 石川は飛ばす能力がありますが、今日のようなバッティングをして、その後大きいのが出だす方が良いと思います。逆に鵜飼はいつも大きいのを狙ったフルスイングで良いでしょう。 5番に木下を置いて、下位にこの二人がいる打線は相手にとっても怖い打線になると思います。

「ファーストストライクを狙え」ってのは、ラミレスも言っていた。
他にも、NPBで実績を残してるOBでも同様のことを言ってる人も居る。
これは、確率的にも、心理的にも、間違ってないと思う。
ただ、これも受け取る側がしっかりと考えないで、初球のストライクゾーンに来た球を漠然と打ちに行ってるだけじゃ、結果はついて来ない。
最低限、コースか球種にヤマを張った上で待たないと、なかなか打てない。
川上と谷繁の話の中で、「良いバッターに集中されて、球種やコースの読みが当てられたら、まず打たれる」というようなことを言っていた。
そういう意味では、ファーストストライクは、読みが当てやすいんじゃないかと思う。

パリーグの選手を見るとファーストストライクから積極的に振りに行く。

中日の選手は打てなくなると球を良く見ようとしすぎて、ファーストストライクの甘い球を見送って、難しい球に手を出して凡打することをシーズン中よく見る。どんな球でも器用にヒットゾーンに運べる技術を持つ大島は別にして、ストライクだと判断したら初球から振って行くべき。

意識改革が少しずつ出来れば良いよ。
立浪らが首脳陣になったからまともに補強もしてないのにチームが強くなる事はないよ。
でも選手起用は変わってくるだろうね。
石川もまだまだシーズン通して一軍に居た事ないし体力面も心配。
岡林、鵜飼も同じ。
今年はとにかく一軍で経験積んでくれればと思ってるよ。

今日の石川選手は良かったが、これが本当なら事態は重大だ。指示されれば出来るということは、されなければ出来ない集団ということ。以前からドラゴンズ打線に感じることは試合の流れがあまりにも見えてないということ。変なタイミングで待ちに徹してみたり、ここぞと言うときに当てにいったり、、言い出したらきりがないが。もっと感度をあげて試合に集中してほしい。打撃改革と同時に野球脳の改革もしてください。

ルーキー時代、初めて青柳と対戦したときも他のメンバーが抑えられる中、インコースのシュート気味の球をヘッドを遅らせながらセンター前に技ありのヒットを打ったのを記憶している。昨日のヒットも良かったし、このまま青柳に対して良い印象を持ってほしい。がんばれ、石川!

ファーストストライクを仕留められるということは、打つ前にきちんと準備ができているということ。今までは初球の甘い球を平然と見送る打席が見られた(手が出なかった?)ので心配してましたが、良い傾向だと思います。
走塁も2塁を狙う姿勢が良い。最初からシングルヒットと決めつけて走る選手にはなって欲しくない。

とにかく、1、2球と真ん中ストライクを見逃して追い込まれて最後はボール球を振って三振というパターンは、見ていてこのパターンは嫌いなので、
このファーストストライクを思い切って打ちに行く意識改革を身につけて欲しい。
石川はだんだん良くなってきているね。彼は使い続ける価値ありでしょう!だんだん飛距離も上がってくると思う

2ストライク取られると打率1割台から2割になる。そこまでが勝負!
初球でアウトはもったいないとか、粘って球数を…とかが邪魔になる!
粘って四球を…ならわかりますが!
球数投げさせても今は分業制でリリーフがくる。
4打席4球4スイングの覚悟で振っていこう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次