石川は「開花させることができませんでした」ではすまない素材。

石川は「開花させることができませんでした」ではすまない素材。

彼がモノにならないのであれば、中日は本当に高卒野手育成は無理な球団、というレッテルを貼られても仕方ない。

あと、この記事に石川と一緒に指導を受けてた根尾の名前が出てこなかったのが気になるが、何かあったのかな?

連日の嬉しい記事に見入ってしまっていますが、これらが本物ならば1番大島選手、3番京田選手、5番石川選手と、勝手に妄想膨らませてしまいます。3割、20本くらいの選手が何人も誕生してくれれば放っておいても白星を積み重ねられますね。あくまで個人の夢ですが。

このオフは話題がいつもより多い気がします。来季が楽しみではあるけど、練習と本番とでは違うと思うのでいかに相手Pが投げたボールを練習同様に打ち返せるかだと思います。あっという間にキャンプ更にはオープン戦と繋がって行きます。いかに自分のものに出来るか。そして試合で発揮できるか。頑張って。

下半身主導と言われすぎて、意識しすぎなのかも?
実際足から、下半身主導でも、手を意識させるのはありかも!

やっぱ実績ある人はしっかり理論も持ってる。教えるのが上手いか下手かの差はあるけど。

中村コーチに聞くと教えてくれる これが全ての始まり 選手が自分をどうしたいか聞きコーチと考える コーチからあーしろこーしろは一概ではないがプロ同士では良くない 若い選手でも充分な理論をもって人生掛けてやっている 選手から聞くのはノリさんだけかな

監督もコーチも変わって石川にとって来季は新たなチャンスだから、1年しっかり完走できるように頑張ってほしい

骨折してる間のトレーニングで太ももが更に太くなったのは悪い事ばかりでもなかった。
来年は周平と20発くらい打ってくれると打線にウンと厚みが出るよね。

この人事入閣で恐竜打線再来出来なければ本当に打線のチームになるのは未来永劫ないかもなバンテリンドームから撤退かホームランテラス作るとかしない限りあとは福留みたいな超一流素材入ってくるか外国人に期待するしか無さそう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる