仁村監督の持論は、与田監督のフォロー8割、本音2割

まだ1軍に上げる身体ではない、というような評価の仕方だと、中日というチームはいつまでも変われないだろうね。若手の調子が上がっているなら、バテるまで使えばいいんだよ。体力不足やスキル不足は、出場し続けることで選手自身が気付く。それが来年の糧になるんでしょ。百聞は一見に如かずと同じ。まずは経験させないと何も始まらない。5打数2安打の成績を収めているなら、他のチームなら下におちることはない。

仁村さんにがっかりだな、
若手の可能性を否定する発言に、好調な選手を上にあげれていないのも、
この人のせいかもしれない。伊東ヘッドは新しい人を尊重しない人だから定番の選手を使いたがる傾向があるのはわかっているのかな。好調な時の石垣を上にあげなかったのは仁村の罪。土田選手でなく石垣選手を上げるべきだったんじゃないかな。あとベテランの使い方も山井が2軍の規定投球回数こなしてるって何?藤井が2年も1軍に上がれていないってどうして?二軍監督も交代だ

中日二軍の育成には何も期待してない
入団直後はバッティングセンスが評価され、仁村も「ヒットならいつでも打てる」
と評した岡林さえ今や打率.258に沈んでいる
ヒットなんていつでも打てると評された選手が二軍で打率2割台に沈んでいる現実が
すべてを物語っている。

慢心させないようにって意味わからん。
将来を見据えてとか言ってるが、そもそも中日は育てるのが下手なんだし一軍があのザマなんだから光るものがある若手を使い続けて育てる事をしないと。
こんな事をやっていたら、今後中日では立浪さんみたいな高卒ルーキー、新人王なんて出てこなくなるよ。
一軍の指揮官もダメだが、二軍にもダメなのがやっぱりいた。

仁村も大したことないな。他球団と比較しているのか?一軍選手が活躍して入り込む隙がないならわかるが、ろくな選手がいない。守備は一軍選手が上だか、それ以外何も期待できない。送りバント、犠牲フライもできない選手は一軍にいらないだろ?監督、コーチは最低限の知能が必要だなぁ。

仁村監督の持論は、与田監督のフォロー8割、本音2割というところでしょう。

しかし、そんなに過保護にしていたらいつになっても成長しないと思うんですけどね。

タイミングについても、一般論としては理解はできますが、一軍の選手は万年貧打たったわけですから、一年中タイミングだったはずです。

また、昇格させたにも関わらず塩漬けにしていること(これは仁村監督の責任ではありません)に関しては、説明がありません。

仁村監督のご苦労はわかりますが、ただただ与田監督が臆病で中堅、ベテランに固執した結果、若手にチャンスを与えてあげられていないってだけだと思います。

何となく納得する内容です。
高卒は素材は良いドラフトしている。
ただあまりにも他球団に比べて若手が出てこないのは、2軍の育成方法に問題がある。

与田の耳にも若手育成に切り替えたらどうだって意見は入ってるはずなのに、敢えてそれを抵抗するようなスタメン、采配、二軍との入替え。。
ファンや周りの意見に抵抗することが自己主張だと思ってるのかと感じるぐらいだ。
多くの期待の若手を1人のエゴで潰さないためには、やっぱりこの人の権力を取り上げるしかない。

若手に切り替えて試合に臨む事が今の中日を救う一筋の光なのにどうしてそれができないのか。
井端が言ってた、「この後のフェニックスよりも、今一軍の試合に出る方が何十倍も若手の為になる。」と。
逆になぜ選手を替えずに試合に臨む事がいかほどのプラスになるのか与田に聞いてみたい。
毎試合全く煮え切らない思いが強い。

1軍の選手が打っていたらって、、、そんな時期こそほとんどなかったと思うが。この考え方自体が選手の成長を遅らせている、そして結果がでなくても安泰の1軍中堅選手が慢心する原因ではないのか?1軍の選手はだらしない、若手野手もなかなか育たないという事実がある以上、やり方が間違っているのかもしれない。他球団と比較しても2軍の若手の昇格が少ない、そして1軍が弱いのは事実だから。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる