与田&伊東秘伝のベンチ見学起用法

持論を展開って言ってるが本当かねぇ
与田&伊東秘伝のベンチ見学起用法で
代打などの僅かな打席を与えて降格
そして消化試合になっても
二軍選手を昇格させる気配もなく
正直なところ若手選手もモチベーションが
保てなくなってる感もある
ここのところ勢いの良かった二軍も
勢いがなくなり弱くなったと思う
このまま二軍の試合も終わり
フェニックスLに移行するし
一軍昇格の希望も無くなったし
やる気もなくなるよなぁ…

では逆に仁村さんに聞きたいが、
じゃあ何で他球団の若手は一軍で活躍してレギュラー掴んだりしているの?
あるいはスタメンに定着しているの?

中日だけが若手が長年育たないのはなぜ?

若手を二軍で徹底的に鍛えてプロの厳しさを教え込ませて全ての面で成長させて一軍で活躍できるような土台を作る。あるいは一軍で活躍出来なかった若手を二軍で徹底的に原因を探り、選手と共に克服して更に成長させて再度一軍で活躍出来るような選手を作る。

これがまさに二軍の指導者の仕事でしょ?

若手が長年育たないのは二軍の監督含めた指導者たちも大きな原因なんだけど。

仁村さんの持論は裏を返せば、我々が育てる能力がありませんと言っているようなものだよ。

これ、サラリーマン管理職(課長くらい)の発言として読んでみると面白い。
部長(1軍監督)の方針に合わせて、もっともらしい「やらない理由」をこねくり回しているのがよく分かります。中日の2軍は若手をダメにする組織の典型ですね。

調子の良い選手を一軍に推薦しても調子の良いうちに使ってやらないから結果も出しようが無い。
こんな事をしてたら二軍の選手は何をモチベーションにして頑張れば良いのか目標を見失うよ。
その反面一軍の選手はレギュラーを脅かされないから危機感も無いし、結果が出なくてもずっと試合に出られる。
ソフトバンク柳田でさえ常にレギュラーを取られるという危機感を持って試合に挑んでいるというのにね…

という事は、やはりそれだけ打者の選手層が薄く、1軍に通用しない選手が多いという事なのでしょうか?中日の1軍のバッターは12球団最低な成績だとしたら、ここ3年のドラフトで入った以外の選手はほとんど、戦力外にしたほうが良いという事かもしれない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる