与田監督を見ていると結果よりも過程に信念を持っているような気がする。

どんなリーダーも持つべき信念とは「どんな状況下でも勝つこと」です。与田監督を見ていると結果よりも過程に信念を持っているような気がする。戦略以前の戦術に信念を持つという事は融通の利かない何もしないと同じ事。この3年間何を言われようとも投手以外レギュラー固定を貫き通した。打てなくとも弱点と言われながらも改善する気も見せず見事な馬耳東風。こんな監督のチームの選手いやファンはストレスの塊。この3年間お疲れ様、ファンの皆様へ!

中日だけでなく、他の一部の球団にも言えることだが、球団と、ファンの間に考え方の違いが大きくあると思う。一部の球団は、優勝しなくても、ある程度成績を残して、グッズ売り上げなとで利益をあげてくればいいと考えているのでは?その為に、保守的な人を監督にすえる。そういうことなのかな?今思うと、中日で言うと、落合さんが監督の時は、本当に変えてほしいということで監督になり、本当に変わった、今の時代は、そういう球団、球界を変えることする監督は、嫌がれる時代なのかな?そう考えると、これからの野球界楽しくならないかもと
思ってしまいます。

もう、この無能監督にはコーチ、選手、ファンも諦めています。また、球団も特になにも言わない。開幕から万年控えの中堅~ベテラン選手をベンチに入れ気分次第で使っているが全く結果が出ない。であれば若手を辛抱強く使って成長させるのが監督の使命だと思います。さすがにオリンピック明けからはガラッと変えてくるかと思いましたがほぼ変わらず。
とにかく速めに与田の今季限りを正式に発表し新監督を決め、コーチ陣の総入れ替えまで進めて欲しい。

カープファンです。監督が投手出身だと采配とか選手起用にポリシーがなく、やっていることが毎日バラバラで嫌になりますね。
投手として優秀な方でも、やはり投手は一匹狼なのでしょうか?現役時代に投げることだけに専念していたため、チームプレーとか打撃陣を含めた選手起用とか勉強不足なんでしょうね。
点を取られない野球、負けない野球、嫌らしかった落合監督時代の中日は、本当に嫌なチームでした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる