与田監督は、この選手は「こう働いてくれるはず」と思い込むと、なかなか矯正できないのでしょう。

与田監督は、この選手は「こう働いてくれるはず」と思い込むと、なかなか矯正できないのでしょう。それが、阿部や平田、京田、高橋の不振を極めても使い続けた原因かもしれません。
逆に「この選手は本当に働いてくれるのだろうか」と不安を持つと、なかなかそこから脱しきれず、ちょっと使って成果が出ないとすぐに引っ込めてしまう。
これでは、新しい戦力は出てこないし、若手は成長もしないし、チームも活性化しません。
それが、今のドラゴンズの姿になっているのではないかと思います。
ファンとしては、同じような選手起用、試合を見せられて、とても残念な思いです。

先日、大学の後輩である井端が解説した試合で、中盤無死一塁でその日、2安打の加藤に送りバントの指示に対して、当たっている選手で中盤、しかも走力あるので強攻で畳み掛けなかったことと、8回一死一塁で打者加藤で逆に強攻策をとったことを1点を争い延長のない終盤。

ここはランナーを進めて投手にプレッシャーを与えるべき。

なぜここで強攻なのか?と露骨に疑問を呈していたね。

まあ今年はファンとしても、若手の台頭という唯一の光も見せてもらえそうもないね。

長年に渡って竜党ですが、もう与田には期待していません。
むしろ今年は最下位になって、早いとこ退陣していただくことを願っています!

たまたま一昨日の甲子園での阪神戦をテレビ観戦していましたが、解説の高代さんが「ドラゴンズのファームには楽しみな選手がたくさんいると。」そのような事を仰っていました。

(やっぱりそうですよね?)

我々もそう思ってるんですが、残念ながら与田の眼中には映ってないようです。
とにかく、この調子で負け続けてほしいです。
下手に勝たれて監督の契約延長なんて話になったら最悪ですから、それだけは勘弁してください。

あと、今日からは甲子園で阪神×巨人がありますので、是非阪神には頑張ってもらいたいです!
今日は甲子園の中継を観ます。

Aクラス入りは絶望の状況だし、この際4位も最下位も一緒です。
今は、勝ちに拘るよりも来季を見据える時期でしょう。
もし、ヨタが今季限りであるなら、来季の布石を打つよりは、少しでも順位を上げて実績を残そうとするでしょうが、それでは何の意味も無い。
勿論自分から監督辞めるわと言う人は居ないので、ここは首をすげ替えた上で、来季の為の布石を打っていく事が必要な時期でしょう。
1番京田が機能しないのは判った筈だし、高松には少し可能性が感じられる様になった。
溝脇は何故か不遇であるし、根尾は実力無いのに使い続けて潰されかけている。
若手の起用が少ないとは思うが、起用してみて実績が上がらなければ、初めて使わなかった理由が判る筈。
広島やDeNAは中日より下位にいるが、若手は育って来ています。

私はドラゴンズファン。打撃陣のテコ入れには皆様同じ意見だけど。昇格させ無い理由を知りたい。与田監督さんは全選手を観て調子の良い選手の入れ替えは積極的にやる。コメ出したけど後半は溝脇だけ。与田監督だけの問題か。昇格降格とかはヘッドも関わるだろうし仁村二軍監督の推薦等も有るはず。意志の疎通が出来て無いのか?此れではチームの成績は上がらんし面白く無い試合になる。三年間無断だった。

与田監督の就任1年目は阿部選手の抜擢が成功して味を占めたので、長い間2軍で燻っていた30歳前後の選手を起用して、2匹目のドジョウを狙っていたのでは有りませんか。
結果として失敗だったと言うです。
阿部選手の活躍も1シーズンのみでその後はジリ貧、今シーズンは1.2軍を行ったり来たりで後半戦は姿を見ていません。
代わりに上がった選手の多くが長い2軍生活を送った選手で、唯一若手有望株の伊藤選手はたった2試合貰ったチャンスを活かせなかっただけで、直ぐ干されてしまいました。
渡辺選手を見せられるくらいなら、伊藤選手を見せて欲しいと思いますがねぇ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる