お金がないなら球団を身売りしたら良いのにって思うのは自分だけだろうか。。。

お金がないなら球団を身売りしたら良いのにって思うのは自分だけだろうか。。。
ホークスにしても横浜にしてもそうだったけど、球団に金が無かったら身売りするのが一番の補強だと思う。
そもそも読売は別格としても発行部数が激減してる新聞社のような業種がプロ野球球団を持つような時代ではないと思う。

1番ベストなのは親会社を変えること。それが叶わず、中日新聞社が球団から出る利益を吸い取る為に球団を保持し続けたいなら、まず親会社内での派閥争いを終わらせ、どちらかの派閥で統一すること。さらにスカウトや編成の人間を変えて他球団で経験のある人材をヘッドハンティングすること。もちろん、金を出して現場が満足するような戦力を与えること。その上で与田の監督交代など首脳陣のテコ入れをすること。監督を変えただけで新体制でやってます感出しても何一つ進歩するはずがないし、それが10年間も続いているということをそろそろ自覚するべき。

昨年の契約更改で新人の石川昂弥をマイナス査定した。
その時点で完全に終わった球団。
統一契約書とドラフト会議が在るから新人の入団は可能だが、一般企業だったら進路指導で外されるレベル。
先ずは中日新聞の不買から始めてバンドに行かない辺りから抗議をしますね。

もう与田氏は勘弁して貰えませんか・・・・・。
もし、球団が、強くなることを望まず、お金をかけたくないなら、与田氏継続で構いません。多分応援もしないだけなので。
本気で強くしたいなら、落合氏に頭を下げ、金を用意し、本気でチームを強くしてください。
この状態は、「もう勝とうが負けようがどうでも良い」と球団が考えているとしか思えません。
このままだと、ビシエドは他球団に行き、来年はもっと弱くなります。
覚悟がないなら、球団売却して、撤退して下さい。

特にコーチ陣に問題があると思う。
いまいち伊東さん、中村さんが機能しているのかよくわからない。
野手陣のレベルもあるが打線を駄目にしたのはバッティングコーチの無能さにも原因がある。
ストレート打てないなら160kmのピッチングマシーンで日々打撃練習しろ。バント練習しろ。変化球に対する選球眼を養え。シーズンオフは立ち上がれないほど練習しろ。補強する金が無いならこの状況で出来る最善の動きをしろ。

中日新聞社は球団譲渡を真剣に検討いただきたい。ドラゴンズを強くしたいという熱意のある企業であれば、例え名古屋が地元でない企業であってもファンは支持します。

今の球団にとって現監督はとっても都合が良いのでしょう。
意見するでもなく、勝手に謎采配と他人事解説で批判の矢面に立って、フロントを守ってくれるから。
星野が気にかけていたみたいだから、その界隈でも守られているのかもね。

ダメダメな高給ベテラン勢を減俸すればいい。
一度はっきりさせておくべきだと思う。
戦力になる選手にはしっかり払ってあげてよ。
そして与田と同額かそれより安いコストでも優れた指揮官見つかると思う。
少なくとも与田続投より期待ができるはず。
もう与田は要らない。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる