Twitterはこちら

京田2軍でいきなり超美技

京田 陽太
京田陽太が2軍戦で超美技 あわやタイムリーという痛烈な打球を処理…1ー0勝利に貢献

京田2軍でいきなり超美技

人間逆境を乗り越えると、一回り大きな人間になる。
野球選手も同じ。この試練を乗り越えて、一回りも二回りも大きな選手になって、1軍に戻ってきてほしい。
そのための努力をしっかりやってほしい。期待しています。

 

首脳陣も思い切ったと思う。
京田には、メンタル面をリフレッシュにして欲しい。

打撃はそう簡単に向上するのは難しいだろうけど、
少しでもプラスになるもの掴んで上がってきて欲しい。

首脳陣は2番で起用し過ぎだった。
次は2番は止めて8番の方が良い。

 

 

首脳陣も、ようやく重い腰を上げて、よく決断した。
智辯和歌山で監督をやっていた高嶋仁さんが、智辯和歌山の監督時代の時、「褒められて伸びる選手は、逆境に立たされた時に大した事ない。試練に立たされて、その逆境をはねのけた者が活躍できる」という事を言っていた。
その言葉にもあるように、京田にもこの試練を乗り越えて、逞しくなって一軍に戻ってきて欲しい!
新人の頃を思い出して、がむしゃらに頑張れ

 

 

8回のダイビングキャッチからの一塁送球はさすがでした。
9回のゲッツーも送球動作が早くて、さすが一軍だなと思った。
バッティングを修正して一軍に戻って活躍を期待したい。

 

 

もうプライドも選手会長という立場も関係ありません。
数々のOBから、バッティングに迷いがあると言われていますし、素人目にもそう写ります。
守備は間違いないのですから、一回り成長して戻ってきて欲しいです。変わらず期待しています。

 

 

 

守備は上手いから言うことないけど、
あの淡白なバッティングをなんとかしないと、
昨日みたいに、押せ押せのときにああいう三振すると士気下がって不穏な空気が流れるんだよね。
3割とか打てなくていいから粘りは欲しい

 

 

 

犠打通算世界記録の川相さんと、シーズン最多記録の宮本さんが口を揃えて、「バントは練習さえすれば誰でもできるようになるし、バットにボールを当てて転がす練習を繰り返すことはバッティングの役にも立つ。特に足の速い左打者ならばセーフティーバントは大きな武器になる。」と言ってました。
この機会に、是非取り組んでほしい。

 

 

守備に関しては前から不満はあまり無かったです。
ただバッティングであまり良い印象が少ない選手だと個人的に思います。
一言で表すなら京田選手には勝負強さが足りないですね。

昨日のソフトバンク戦9回裏も京田選手は4球で空振り三振でしたが、三ツ俣選手は粘った上でのライトフライでした。
これは3番打者の福田選手にも言えますが、早々に三振(凡退)になるのと粘ってアウトになるのとでは相手投手の心理状態も変わると思います。

その点を踏まえて京田選手には2軍で見つめ直して欲しいと思いました。

 

 

これを機会にしっかりと自分のバッターとしての目指すタイプとそれに必要なスキルを身につけて欲しい。

バントは必要なのか?
内野安打は必要ないのか?
盗塁は必要ないのか?
ホームランが必要なのか?
ランナーを進める役割を求められてるのではないのか?
何番を打ちたいのか?
など…

構えを変えたりして6打席連続安打したあたりで本人も手応えを感じ、これからという時にスタメンからはずれて不本意な所もあると思うが、身体能力も高いし守備力は高いのだから腐らず頑張って欲しい!

 

 

 

 

 

 

 

 

中日ファンcommunity

タイトルとURLをコピーしました