MENU

【中日ファンだもんで】ドラ1草加TJ手術へ!プロの練習もして無いこのタイミングなら明らかに大学時代の登板過多でしょう!

YouTube
【中日ファンだもんで】ドラ1草加TJ手術へ!プロの練習もして無いこのタイミングなら明らかに大... 『中日ファンだもんで』は中日球団やドラゴンズ選手などファンの目線から思うことを発信しています。ドラゴンズで熱く燃え上がれるように!#中日ファンだもんで #立浪監督...

高校時代は圧倒的エースの西純也の2番手投手。 頑張ってドラ1指名まで成長し、西に近づいた!という矢先ですが、この期間をネガティブに取らずにさらに成長の期間として欲しいですね。 投手陣が揃っているチームとはいえ、即戦力期待のルーキーがほぼ2シーズン使えないのはチームは痛いところではありますでしょうがね。 さすがに今シーズン後は育成契約かな? それにしても、草加も高校時代2番手だったとはいえ、150近い球投げていたと聞きます。凄い2枚看板だけど、創志学園で3年夏は甲子園出ていないもんね。 甲子園出るって大変だよね。

中日立浪監督は本当にツイてない。 キャンプ入り直前に何があったのだろうか。 TJ手術は精度も上がっていて、成功率も高いし、手術後リハリビをちゃんとすれば、以前よりも腱が強くなるという話も聞くので、焦らずにリハビリに取り組むことが必要です。 とはいえ、プロに入ってこれからという時期なので、焦りもあるでしょうから、周りのサポートも重要になります。

保存療法とか一時は言われてたからどうなることかと思ってたら、これは朗報。今はトミージョン手術もかなり情報が集まってきて回復期間も短くなってきて完治すると聞いてる。保存療法を選択した田中将大投手のその後を見てると今は保存療法は選ばないほうが良いと思ってた。 これを決断して認めたドラゴンズは選手のために良い選択をしたと思う。

このタイミングでの故障ということでアマチュア時代に投げ過ぎたのではないかという声もありますが、昨年ドラフト1位で入団した8人の大学生投手の中でも草加投手の登板回数は4番目と特別多いわけではありません。4年生での投球回数が多かったことによる負担はもちろんあるものの、高校時代は西純矢投手の控え投手であり、また投球スタイルも力投するスタイルではなく、投げ過ぎが原因だと言い切れるほどの根拠はないように思います。 当初は保存療法を選択とも言われていましたが、代表的な治療法であるPRP療法は専門家の医師も「おまじない」と表現しているように、決して万能なものではなく、その効果には個人差が大きいと言われています。トミー・ジョン手術を受けることで復時間はかかることになりますが、大学生にしては体つきもまだ細かっただけに、体作りも含めて万全の状態にして復帰を目指すという意味では良い選択だったように思います。

これは球団も本人も痛いですね。 ただまぁ投げられないだけで体作りはできるし、投手の基本はやはり土台となる足腰の強化。 それを考えたら腕を万全にしながら更に能力アップの為の時間だと思えば良いと思う。 中日ファンではないけど、球界が盛り上がった方が楽しいし、焦らずしっかり治して逆にこの期間を活かしてよりパワーアップして戻ってきてもらいたい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次