MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

根尾くんの投球は素晴らしいものがあります。

Yahoo!ニュース
中日・根尾、プロ入り後初先発で圧巻!16球中10球が150キロ超え 大学・社会人選抜を1回1K無失点(スポニチ...  ◇プロ・アマ記念試合 U―23NPB選抜ー大学・社会人選抜(2022年8月1日 神宮)

根尾くんの投球は素晴らしいものがあります。 入団当初からずっと打者として努力を重ねてきましたが、思うような結果が出ず断念、すると、その後はショートとしていくか、ピッチャーとしていくか、それとも二刀流かといろいろと報道はありましたが、結局は投手に専念となった。今のところ登板すれば見事に目覚ましい活躍を見せている。  ストレートは伸びがあり表示以上の威力を感じさせるものがあり、あとはスライダーも上手く使いこなせている。もうちょい球種が必要という案も飛び交ったが、最初のうちはこれで十分だろう。 今後もさらなる活躍期待しております。

根尾選手…根尾投手。 思う存分、その力と魅力を出してくれた。 プロ野球の各チームの試合を見ていても、そうそう150キロを頻発する投手は多くはない。 イニング数が限られていたとは思うが、その中で注目やプレッシャーのある中、ピシャリと抑えた事が何よりの結果。 最近のインタビューで、打者に立つとMだけど、投手の時にはS…という表現をしていた。投手に適正があったのでは。 プレーする表情や、溢れ出る闘志・オーラ見ても、まさに本人が思っている事と、見ているファンが感じる印象は近いのではないかと思う。 根尾選手が投げるだけで、これだけ注目浴びる。野球界にとっても素晴らしい事。 まだ投手をプロで本格的に始めて、長くはない。 ピッチングの素晴らしさで人を魅了する力が堪らない。 今後も中日は1軍帯同で、身近な大野投手、小笠原投手や抑えの外国人選手から良い刺激を受け体得していってほしい。 ナイスピッチング。

本格的に投手転向してからまだ2、3カ月というのに140後半だったストレートが150km代を連発するほど威力を増してて、めきめきと投手としての才能が開花しているように感じる。 負け試合での登板がほとんどだったけど、相手の中軸を任されたり、こういう大会で結果を残すことで自信にもなっただろうし、とにかく迷いが晴れて思いっきり投げられているなと思う。投げっぷりが見ていて気持ちいい。 これから投手の体を作っていくんだろうけど、現時点の完成度からしても将来どこまでのピッチャーになるのか楽しみ。

シーズン途中から投手転向と言う、考えられないようなことを、ファームで調整することもなく、結果を出す根尾昂の力には驚くばかりだし、マウンドでの落ち着きぶりもすごいと思う。 身長がないから球が速くても辛いかなと思ったが、伸びがありコントロールが良いので中々打てない。あとスライダーの切れも良くて空振りが取れる。 最近はフォーク、カーブ、ツーシームも投げ、これからの活躍が益々楽しみだ。

大谷選手がそうだったように 起用法や育成法などを各方面から議論していますが 実戦の中で進化できてるタイプというか練習できるタイプの人なんじゃないでしょうか 私も野球をやっていましたが 私は練習の中でしか練習はできませんでした でもうちの四番は試合の中の打席中ですら練習と捉えて通算26発打っていました ハート面やセンス面から違うのは分かっていましたが まさに根尾選手がそんな感じがします あの顔つきと投げっぷりは中日でもそんなにいないですし なにより闘志を感じます 藤嶋選手や大野選手がそうだと思うんですが 打者に向って行く気迫と 投げるたびに修正する能力は間違いなくピカイチです 2軍なんかでなにかが身につくタイプではないと思います

素晴らしいのひと言ではないでしょうか。 近い将来とその先に向けてまずは結果を積み重ねて行って欲しいですね。 あのオーナー一派の呪縛から完全には解き放たれては居ないでしょうが 現場にも良い風が吹いているようですし根尾選手には野球人として今後も邁進して欲しいですね。

元からピッチャーが出来る素質を持っていましたからね。 体つきが「球を早く投げられる」というものですしね。 立浪監督はこの素材をいかに使うかです。 使えなかったら、即更迭されますよ。それ程の逸材です。甲子園でも輝いていましたしね。 ただ、「三刀流」とまで注目されながら、「僕はショート一本で行きたいです」と言っていましたから気持ちが切り換え切れるかが心配です。

根尾君は真っすぐはこれからもっと速くなるだろうし、落ちるボールも持っている。何より鬼の強メンタルなのでピンチの場面や、勝ちがかかった僅差の場面で抑えとしてしっかり固定して育てれば普通に大成すると思う。後は中日の非常にまずい育成とやかましいOB、現場に関係ない球団関係者、少しの期間も待てない地元メディアの雑音、これだけが心配だわ。あれ、中日じゃなかったら普通に成長して活躍してるような・・・

イチローや新庄などもともと高校時代は投手だった。 しかし、彼らは、入団時に投手より野手を選択した。 おそらく根尾も同じだったと推測できる。 しかし、与田監督が根尾を野手なのか投手なのか、どう育てるか明確でなかっため、中途半端に時を過ごさせたように思える。 そして、今年から監督が交代し、投手をすることになった。 本当に根尾にとって良かったのだろうか? 中日の首脳陣の考えがわからないし、根尾という人間をバカにしているように思える。  まず、本人がどこをやりたいかを聞くべきで、そして、野手を選んだら競争があることを明示すべきだ。このことは広島の佐々岡監督にも言える。 中村奨成は捕手を目指し入団したはずだ。それなのに、佐々岡になって中途半端な扱いをしている。 最近の野球の監督は立浪、佐々岡と若い選手の未来をいい加減にかんがえている。

ここまで打者38人と対戦して四球は2つ。与四球率1.78はかなり四球が少ない方である。シーズンを通して四球が少ない投球が出来れば、リーグ5本指には入る四球の少なさのレベルにあり、この先も楽しみです。

やっぱり、出来る子なんです。この子は。根尾昂は!先発という事で凄く注目していましたが、1イニングで少し残念でちょっとホッとしました。はじめてのロングイニングで打たれたらとか、怪我に繋がったらとか、色々と心配していたので。ただこれからもこの調子でグイグイ実力を伸ばしてどんどん実績を出していって下さい。期待していますし応援し続けます。

根尾は小柄だから打球がそんなに飛ばないと思っていたけど調べてみたら177cm82kg、プロでは確かに小柄な方だけどこれだけ球速が出るのは素質も適性もあってこそのもの。 年齢的には大学4年生と同じだからこれからプロの投手として少しずつ花を咲かせて行ける。 何よりも、打席に入ってる時よりもマウンドにいる時の方が顔付きが良い。本人が乗り気そうなのが一番大事。

先発と言っても1回だけ。客寄せパンダにされた根尾。評価のしようがない。これから後半戦、神宮3連勝に向かって根尾もフル回転させてほしい。今年は先発はいいからリリーフでしっかり頑張って、オフにしっかり練習して来年は先発で頑張れ。使える変化球があと二ついる。

根尾選手のピッチングに関して技術的なことはさておき、風格というか ピッチャーとして一番必要なものを持っているような気がします。 しかし何でもこなす器用な人だと思うけどそれだけに球団も迷いがあったんでしょうね。 もしこのまま投手として成功したらその自信がきっかけでバッテイングも良くなってくれると、それこそ二刀流として花開くかもしれませんね。

今までピッチャーとして何年も練習もしてこなかったのに、これだけコントロールも安定して球速も出る シーズンオフになって色々と取り組んだりしたら、来シーズンはもしかしたら本当に凄いことになるかもしれない そんな期待を抱かせる楽しみな選手ですな

今更投手になってもねえ…と思っていたが、意外と野手よりも投手の方が適正が高いかもしれない。背番号のせいもあり急造のピッチャーが場当たり的に投げてるイメージがあるが中々好投しているし、経験を積ませればそこら辺のヘタなピッチャーよりも戦力になりそう。どっちにしても頑張ってもらいたい。

本人が「すごく緊張しました。」と言っていたが、言葉の通り力が入り過ぎたのかコントロールがやや定まらなかったようで、蛭間にも丸山にも初球はストライクの後、3球続けてストライクが入らず3-1にしてしまった。しかし、そこからきっちりストライクを投げ続けて打ち取った。やはり甲子園で2度も優勝している投手の精神力の強さは伊達じゃない。

球のスピード偏重はやめて欲しい。150キロ越えと勇ましいが、先のオールスターの佐々木の投球でもわかるように、早い球なら打者は打てます。 もっと緩急とコントロール、球種などを分析して根尾君のコンガに生かせる評論をして欲しい。 彼はドラ入りから苦労している、回り道を何回したことだろう。それだけに活躍を祈ります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる