MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

忘れちゃ行けないのは、そもそも、ほぼ補強ゼロでスタートした。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

忘れちゃ行けないのは、そもそも、ほぼ補強ゼロでスタートした。 強固な中継ぎ陣だったが、昨シーズン終盤辺りから、福と祖父江は落ちていた。 その中で、投手陣がそのまま活躍できると思っていたのはファンだけではないか? 立浪監督は、打線の強化を旗印にしたが、当初言ってたのは、投手陣の再整備だった。 経年劣化を考慮しての発言だったのではないか?? その通り、祖父江と福は明らかに勤続疲労が酷い。 普通はそれを見越して、ドラフト戦略や補強をする。 誰でも年を取るし、劣化する。 立浪監督云々の前にフロントが野球に対して真摯に向き合い、勝つためにどうするべきか。 ファンにどうしたら喜んで貰えるのかを考えないと球団が消滅する可能性すらある。

周平選手、木下選手、京田選手、酷い。 全然打つ気配がしない。 周平選手は、こんなにも打撃悪かった? 木下選手も、開幕当初期待してたけど…。 京田選手は、打撃期待していないが、何か違うような気がする。 いっそのこと、彼等一度二軍で調整してもらい、二軍で成績のいい選手をスタメンに起用した方が活気も結果も出るかも。 ちょっと思い切った采配してみたらと思います。 それと、他球団と比較してはいけないかもしれないが、打撃陣の選手層も薄く感じる。 投手陣は、しっかり試合つくっているので、攻撃陣の頑張りに期待したい。

打率とか長打力のアップももちろん必要だが、喫緊の課題としてなんでドラゴンズがこんなに得点圏で弱いのかを緻密に分析して対策しないといけないかと。 メンタルなのか、考え方なのか、他の原因があるのか、打率自体はリーグ内でべつに悪いほうじゃないのに何故そういう場面で何も出来ないかを突き詰めないと。 もうやってるのかもしれんが、そこを解決していかないといつまでも変わらない攻撃陣。

与田ドラゴンズ時代よかストレスが溜まる試合が増えるとは思ってもいなかったよ 変わり映えしないスタメン、貧打地獄に投壊祭り。 投手が怪我でまともに試合が出来んと言っておられる方もいるけど、野手はこれがベストメンバーですので。 シーズン前に「打つ方は何とかします」ってのがありましたけど、現状何ともなってませんし、与田さんの遺産である投手陣を破壊したのは立浪さんです。 ここまで怪我人が出るのはおかしいですし、監督であるならば選手の体調に敏感でなければならないはず。その点与田さんは選手の体調面をよく気にかけていたと思います。 正直初年度でここまで負けるとは思っていませんでした。 お願いします、3年も悪夢を見せるのは勘弁してください。

まるで他人事のように言ってるが ビシエドは打撃改造する前の去年まではもっと打ってたし 京田や高橋周平も監督が直接指導して全くダメやん。 監督がやるべきことは、打撃コーチすっ飛ばして教えることじゃなく 打っている選手をいかに用兵するかでしょ。 根尾の投手転向もこれからというところではあるが、 立浪主導で落合コーチが欲しがったわけじゃないというのが気になるし 波留を一軍打撃コーチに置いてるのも自分に都合がいいからにしか見えん。 いらんことばっかりせずに、采配と用兵に集中してくれないかな。 人のせいにばっかりしないで自分の未熟さをまず理解してほしい。 まあ、そんな謙虚さのない新人監督を話題性だけで招聘している球団に 根本的な原因があるのは間違いないが。

立浪さんはね、まずね、チャンスで打て無いことをメンタル的な問題と捉えないこと。腹括れとか、発破をかけるのも、本来は不要。むしろ邪魔なのよ。だって、どんな場面でも、自分を見失うこと無く平常心で挑む事がなによりじゃないか。その為にルーティンがある訳でしょ。 弱気も良くないけど気合いや根性だって、余計な力が入ってしまうんだからさ。 選手もその勝負に集中してたら、駄目だったらどうしようなんて考えられはしないんじゃないのかな。 監督がやれるとしたら、チャンスで落合監督の内野ゴロ打ってこいじゃないけど、自分が出来る事をやりなさいや、100点は無理でも100%は出来るよね?って事を言えるぐらいじゃないのかね。

就任当初は2.3年後には強くなると期待したが2.3年も監督続けたらと思うと絶望でしかない。 球団の補強する資金がないとか意見もあるがその為に自分でコーチを招聘して底上げを目指したのに全く違う方向に向かっている。 明らかに若手に芽が出る種蒔きはしてない!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる