MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

今の立浪ドラゴンズは素人目に見てもチームのバラバラ感がすごい。

Yahoo!ニュース
中日 5連敗 今季ワースト借金7 最下位転落 ビッグボスにカウント1-2から2ランスクイズ許す 投手陣10失点 散... ■プロ野球交流戦 日本ハム10ー0中日(11日 札幌ドーム) 中日は5連敗で27勝34敗の今季ワースト借金7、デーゲームでDeNAが勝っており、ナイターで阪神が勝ったためゲーム...

素人目に見てもチームのバラバラ感がすごい。 野球の技術以前の問題もあるだろう。 例えばヤクルトは高津は盛り上げるのうまいし、村上もバッティング抜きで考えても、闘志を全面に出してチームを引っ張る。 時にはひどい負け方をするときもあるが、悔しさをチームで共有できてるようにみえる。チームのまとまりをものすごく感じる。 ドラゴンズは長年ほとんどBクラス、負け慣れしていることは否めない。 立浪が監督になって、久しぶりにぬるま湯体質から脱却したかと思ったのだが。 チーム打率の順位は昨年より全然上がっているのに、チャンスでも進塁打が打てないなどチームとして機能してない。 全員でバット短くしたり、逆方向に打ったりしてても何故かまとまりがないように見えてしまう。 立浪は行動起こすのも早いし厳しさもあるが、反面福留を優遇してるとしか思えないようなところが内心選手の不信感になってるのだろうか?

岡田も、マルクも抹消でしょう。フォアボールからの複数失点。博志も含めて、毎年毎年同じ事を繰り返している。2軍で大した成績上げている訳ではないのに、よく使うよね。代わりに佐藤、森、橋本、石森を上げても同じだけど。田島も失点繰り返しているから、もう大事な場面では使えないね。交流戦の最後の週で一気に冷めてしまった。5連敗で交流戦に突入して、6連敗で交流戦終了もあるよ。今年の柳は、安定感ない時の方が多いから、あるよ6連敗。流れはファイターズ。柳が良くても点が取れない確率も高いしね。

連敗中で負けが込んでるのに、岡田の先発や田島のリリーフなんてどっちらけ。
案の定、岡田は逃げまくって四球連発、からのストライク取りにいって長打で失点。博志も同様だったが。
田島も案の定、逃げまくってカウント悪くして、からのストライク取りにいって長打で失点。マルクは逃げる以前に制球が定まらない。なんで上げたの? いるのは先発だし。
打線は周平を筆頭に併殺でチャンスを潰すが、投手陣は逃げまくるから併殺取れず。
立浪ー落合英二ラインの結果がこれ。
フリースインガーのビシエドを4番にしている影響で、大島・郡司以外はボール球でも構わず振りにいく。
2ストライクから2ランスクイズ決められるなんて、高校野球か?
育成に割り切るとしても、新庄ビッグボスの方が圧倒的に立浪よりも可能性を感じさせる。
立浪は言動不一致が目立つようになり、もうメッキがはがれた感がある。選手もバラバラみたいだし。

新庄ビッグボスのワンマン公演をただ見ていただけで何の見せ場もない大敗でした。
先制点を取られるとほぼ負けは確定。
投手陣も試合をぶち壊した挙げ句野手陣もチャンスで打てないでは勝てる訳がない!
野球のルールを理解していますか?
点を取らない事には話にならないよプロ選手がチャンスで決めきれないでは情けないと思わないのか?
野球はチームで行うスポーツなのに投打がバラバラでは試合にならない。
交流戦終わったら野球の事を1から考え直すことだな。

立浪が選手起用を変えてもダメだよ。やるのは選手なので。それと選手の信頼、与田さんは出来ていた?いや〜その選手の信頼で選手活躍してくれる?結果、あの悲惨な状況になったよね?
作り直さなしゃあないよ。監督代わっても、大人しい選手は大人しい。選手が変わるのには時間と努力が必要でしょう。でも、助っ人はすぐ代えられるんだけどなあ。もっとも即効力がある。誰かが打たないと、阿部ちゃんや周平は打たないよ。自分で打つタイプじゃなくなってしまった。

マスコミ、ファンは立浪監督が誕生して盛り上がっているが、一部の若手を除いて選手の目が死んでいるように見える

「立浪監督のために頑張る」
ではなく
「立浪監督に嫌われないようにする」

選手はこの点を気にしていると思う

与田監督の時は、監督が選手の事を責める事が少なかったので、選手の気持ちはシッカリとあった

立浪監督となり、負ければ選手を名指しで叱責する
だから選手の目が死んでいる

明らかに与田監督時代よりもチーム状況が悪くなっている

2ランスクイズってプロ野球観戦にて初めて見ました。あと、溝脇は守備の場数が増えて上手くなったと思いました。今日は守備で魅せていました!この2つが印象的な今日の試合でした。
根尾くんにも場数を踏ませて欲しいものです。ショートでも外野でも継続的に使って見せてほしいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる