MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

パイレーツ・筒香 開幕直前インタビュー 3年契約のオファーを断り、あえて単年契約とは

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。


昨年シーズン中にチームを二つも変えたわけだが 取ってくれるからそもそもそれが可能なわけで 日本ではダメだダメだと言われていたがメジャーではクビになろうが取る球団があるということは いくら不調だったとはいえ我々が思う以上に評価されてるってことだったわけだ だからこそ複数年を提示されたわけでなぁ 複数年ってことはチームにとって数年のチーム編成で必要な人材と評価されたわけで その期待に応える活躍を今年は期待したい

私は最初、メジャーで通用するのかなと正直疑問に思っていました。
メジャーで苦しんでいた時期、日本に帰ってくるだろうなと思いました。
今とても恥ずかしいです。そして心から凄いなと思います。

マイナーに落ちても、3度チームを変えても、諦めない姿勢は心から感服しました。
そして今やメジャーに適応しチームの柱ともいえる存在になっています。

今年は最初から良い成績が残せるよう応援しています。
1年間ケガをせずに、筒香選手が満足できるシーズンが送れるよう応援します。

あえて単年契約する選手はメジャーでも結構いる。
理由は様々だが、「契約」とは双方の合意を形にしたものであるから、筒合がそう望み、パイレーツが受け入れた、というだけのこと。
金額からいってもこの程度なら日本とたいしいてかわらないので、今オフにメジャーに残るか、帰国するか、判断しやすいのだろう。

いずれにしろ、本人にとって、あるいは我々ファンにとって興味があるのはこれから始まる「2022」シーズンであって、昨年後半のような活躍が見られるかどうかが注目されるところだ。

大谷や鈴木ばかりじゃなく、彼の活躍もたまには中継してほしいものだ。

退路を断つ、というわけではないが これが彼の最善の決断だったのだろう。苦しかったレイズ、ドジャースを経験して自分の弱点を洗い出したり また日本で少年野球球場を作って 金も必要なのだろうが あくまでMLBで最大の結果を出す為の自分に鞭打つことで、彼なりに考え抜いた判断と理解する。野球一筋の彼らしい生き方。応援する。速球も苦にしない、左右にもう打てる。今年は2割8分、30HR,80打点ぐらい上げて欲しい。一年通じての体力勝負の年だね。

このような記事の内容でヤフーニュースのトップにくる辺りが、日本のベイスボールファンの皆さんの筒香選手に対する注目度の高さが伺えますね。私の分析では、今年の大谷は成績的にも2020年の再来でかなり厳しくなりそうであると考えているので、昨シーズン後半にメジャーの投手に完璧に適応していた今シーズンのナ・リーグMVP候補である筒香選手に日本の皆さんの注目が注がれるのは至極真っ当な流れと言えるでしょう。ちょっとでもぬるい考えがあれば通用しないという心構えは、是非とも現巨人の山口にも見習ってもらいたいところですね。私の分析としては、このような自分に対する厳しさが筒香選手のメジャーでの大活躍に繋がっているのではと考えております。今年のパイレーツは筒香選手の活躍によってチーム成績も大躍進するでしょうね。

今のパイレーツが3年契約を提示するというのは本当に期待大きかったのかも。
最貧球団の一つな上に過去の大失敗トレードからの再建中で今季も厳しい。
有望株を集めて将来に備えるため筒香を再生させてトレード要員にするなら、
若くないし2年以下の契約で行きたいはず。
ひょっとするとトレードよりも、筒香をチームに据え続けることで若手の成長を促したり好影響があると判断したのかな。
ナショナルズがネルソンクルーズ獲得したように

単年契約で成績を残して来期以降の大型契約へと言うのもわかるけど、年齢からも伸びしろがあるとは思えないし、オープン戦もダメ。
これではむしろ厳しい道程となってしまったことは否めない。
そもそもメジャーに向いていたかも疑問が残る。
ただし、筒香選手のようなタイプがメジャーで通用するかは試金石。
とりあえず、今年のシーズンを乗り切って、良かったと思える一年になれば嬉しいと思う。
日本人野手にとってメジャーの壁は高いままだから。
頑張れ!

敢えて退路を断つ。
筒香選手らしい自らの戒めと自分の力を信じての精神だ。
特に野球選手は単年度契約が主流。
本来は球団にとってメリットのある契約だが、逆に言えば選手は成績次第でいつ首を切られるかわからない、怪我故障のリスクもある。
それでも選手は契約する、後はネガティブかポジティブな発想次第。
筒香選手のその取り組む姿勢が球団の評価を向上させたのだろう。
がんばれ!筒香選手、我が横浜ベイスターズの誇りだ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる