MENU
『DAZN』コスパ最強の理由はこちら

石川は中村ノリさんの打法よりは落合博満さんや清原和博さんの様な感じが合う様な気がします。

石川昂弥のあのホームランは清原和博さんを思い起こさせる感じがしましたね。 上半身は今まで打ちたいと力が入りすぎていたように思いましたが、少しゆっくりと前に垂らす事で適度に力が抜けてリラックスして打てたように見えました。 下半身は足の使い方が左足を上げて振り回して打つのではなく、後ろ9で前1くらいでそっとステップする感じが合っている様に思います。 中村ノリさんの打法よりは落合博満さんや清原和博さんの様な感じが合う様な気がします。 まだまだ日1日進化している様に昨日よりも今日今日より明日な感じで成長していって欲しいですね。

バッティングに正解はない

色々教えてもらったんだからこれからは
様々な方向からのアプローチで
自分で試行錯誤しながら石川なりの感覚を掴んで欲しいね

一流の打者は皆そうしてきた

コピーじゃないから教えてもらった事全ては体現出来んからね。
それに終始してしまうと時間が掛かり過ぎて
本末転倒よ

結局最後は己の感覚だから

これは根尾にも言える

2安打ホーマーでは、大暴れとまでいくのかな。
特に、石川は練習試合、オープン戦、紅白戦で失策が多い。しかも、その後ろに守る鵜飼も、器用早速、後逸か。
去年より打てるようになっても、守備不安で失点増えれば意味はない。
石川、鵜飼の恐怖のレフトラインは、今後、守りにおいてハラハラドキドキの日々となる。

石川選手もこれでホッとした感じですね。結果が出たことで少しプレッシャーから解放されて調子に乗って行ってほしいです。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる