MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

よく同じく補強0だった落合政権1年目と比較されるがそもそも前年は2位だったし、戦力外とはいえ拾ったドミンゴが10勝した。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

よく同じく補強0だった落合政権1年目と比較されるがそもそも前年は2位だったし、戦力外とはいえ拾ったドミンゴが10勝した。
立浪監督に全く責任はないけども中日フロントの動きは擁護できるものじゃないよ

「ゼロ補強」は2004年を思い出します。
つまり「使えない」と判断された選手達には、このオフに大鉈が振るわれる厳しいものになるかも。
選手達にとったら、大きなチャンスとピンチが同時にきているように感じます。

監督のコメントを見ると希望してゼロ補強になったというよりは球団からの提案された外国人選手を見てこれならなしでもという感じの反応だったような
ロックアウトも続いているしまだいい選手があぶれる可能性はあると思うのだけど調査はしてないのかな

確かに無駄使いは良くないでしょうけどプロ野球はファンに夢を与える世界なんだから前年Bクラスのチームがあまり補強しないのは中日ファンの方たちがかわいそうな気がしますけど。

球団の事情はあるでしょうが、権藤博さんが言われると、「ゼロ補強」もアリかなと思えてきます。

今年は、選手の見極めなどもあり、いきなり好成績とまでは望みませんません。

しっかり見極め、しっかり鍛えて、3年後には強竜復活し、常勝軍団を築いてください。

能力はある、後は実戦馴れしていくしかないんです。ただ、ファンは見てるだけしか出来ないからイライラするし、成績が出せない選手に当たってしまう。やる側も大変なのは解りますが、見てる側の1日は苦しい、特に日曜日は。

立浪・片岡両監督はメディアを通じてファンの声を長年視聴してきたから、ファンの思いは解ってくれるはず。だからこそ、今の選手たちを存分に使ってはやりきって下さいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる