MENU
SNS情報まとめサイト『どスポ』はこちらをクリック!

石川昂の独り立ちこそが“一丁目一番地”

貧打が課題としてのしかかる中、ここまで大砲候補の補強をしていない立浪ドラゴンズ。裏を返せば、石川昂の独り立ちこそが“一丁目一番地”にあるのかもしれない。

↑事実だとしたら、いくら才能豊かとはいえ実績のない高卒3年目の選手の覚醒を期待し補強しないなど球団には優勝する気が全くないとしか思えない。自チームのファンはもちろん野球ファンにも失礼。とっとと身売りをしたらいいかと思う。

ここまで評価が高い石川を2割7分ホームラン10本くらいの打者くらいにしか出来なかったらもう中日は育成方針を根本的に変えて本拠地球場や2軍球場を全部構造から根本的に見直し、フロント以下すべてのスタッフを入れ替えるくらいのことをしないと高校生野手は獲得したらいかんと思うよ。

阪神にも練習の内容だけ見てると3億円プレーヤーと言われる江越がいるけど、結局一軍での数少ない与えられた機会に結果が残せるかどうかなのでこれだけは蓋を開けてみないと何とも言えないなぁ…でも活躍して欲しいと思う1人ではある!

根尾と石川はタイプが違うし、比較できないと思うが、石川はケガさえなければいいのだが。
ケガの多い選手は、平田のように、ポテンシャルは高くても大化けしない。

石川昂弥は期待してる。しかしこれはプロ野球。物にならない確率も残念ながらかなりある。その次の一手を打つのが球団の務め。それが見えない不安がかなりある。ビシエドや大島が故障したらどうするつもりなのかな。それはイコール今シーズン終了を意味する。何が言いたいかというと1人の選手に期待の全てを背負わせるのは危険だということ。ライバルになれる選手がもう1人必要だと思う。

巨人ファンです。岡本選手も初めは、バットにボールが当たらなかった。だが、そんな事にこだわらず、体感を鍛える事に専念した結果、今に繋がる成績を残しています。石川選手はどの様に、開幕戦をむかえるのか、興味があります。高校から観ていて、凄い打者だと誰もが認めています。
ビシエド、石川が4番争いできるようになると、中日は強くなるでしょう。

当たれば飛ぶ、のはわかるが、「当てないといけない」。

そして、当たれば飛ぶというのはほとんどのプロ野球選手なら当たり前の話。

大事なのは、確実性を上げる事だと思う。
この記事ではわからないが、やはり一軍で活躍するためには、まず二軍でやることないな、という成績を残してほしい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる