与田監督は闘争心がない

与田監督は闘争心がない

 

与田監督は闘争心がないので、それが選手に伝わってくる。それが最初のエラー6失点。交流戦優勝まであと一歩なのにしらけてしまう。夢がない監督だ!西武の山川、中村を見ていると闘争心が伝わってくる。そうゆう選手を育ててほしい。

 

 

それはそうかもしれないけど、今季初登板で緊張もあっただろうに守備で足ひっぱられちゃ可哀想だよ
どちらにしろ交流戦優勝の可能性のある試合でヨーイドンの6点はきつい
現地で見てて1度も興奮する場面がなく終わってしまった
今日はもう少し楽しませておくれ

 

 

岡野も二回以降は何とか抑えていたし打線が頑張ってあげないとダメだろう。二回ももっと返せただろうしその後もあと一本が出ないのが多すぎるしチャンスで三振も勢いが停まる。あと特に外野の守備が悪すぎる。あれでは僅差の勝負では使えないし見てられない。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる